押入れ大公開!オープン収納のすすめ~前編~【おしゃれに見える楽チン生活術vol.7】




こんにちは。インスタグラムで日々の晩御飯やインテリアなどを紹介しております、yukoと申します。
毎回、『おしゃれに見える楽ちん生活術』として、暮らしが楽しくなる生活術をご紹介しています。

我が家には、ずっともやもやしていた場所があるんです。それは、物置きの様に使っていた半畳の押し入れ。

この場所、リビングと寝室の間にあり、壁に囲まれて暗いんです。その上、押入れって、奥行が90cmくらいある。使いにくい!!段々ぐちゃぐちゃになってくるんですよね~。クレヨンしんちゃんのみさえじゃないけど、つい突っ込んでしまって、扉を開けたら雪崩おきそう、笑。

そこで!扉を取っ払い、オープンにしてやりました!題して、『押入れ大公開!!オープン収納のすすめ~前編~』
では、ご紹介していきます!!


じゃん!こちら、扉を取った押入れです。片開きの扉が付いていて、まあ使いにくい!
扉のある時の写真がね・・・無いんですわ。気に入ってなかったので。すみません。

下の段は、キャンプグッズが入っているので、今回は端折りますね。
それでは今回は、それぞれの籠の仕分け方法をご紹介していきましょう♪

一番上の段

こちら、100均で買った籠です。お見せできるようなものでもないですね、はい、中はぐちゃぐちゃ、笑。
でも、種類別に分けておくと、とても便利です。

一番上の段は、そんなに使わない物を入れています。で、電球が切れたら、籠ごと出してきて選んで、また戻す。アイロン、あんまり使わんの!?という突っ込みはやめようね♪(ええ、使いません、笑)

2段目・3段目

この段に使っているのは、ニトリの籠です。
カラーBOXにピッタリの幅で、高さはカラーBOXの1段の半分サイズです。
この深さが使いやすいんです。あんまり深いと、底に何が入っているか分からなくなります。

左が上から2段目、右が上から3段目です。
2段目は引っ張り出さないと中まで見えない高さにあり、3段目はすぐ中身が見える高さにあります。

よく見える高さの3段目に、しょっちゅう使う掃除グッズやストック品が入っています。あまりパンパンにしてしまうと物が増えたら入らないので、余裕を持たせてあります。細かいものは、バラバラにならないように「籠in籠」がお勧め。

一番下の段

一番下の段は同じニトリの籠ですが、カラーBOXのフルサイズのタイプを使っています。
ここには、高さのあるグッズを入れています。例えば、大掃除の時に使うスプレーなどなど。

紙袋や大きい袋もこのBOXに入れています。ここに入る分しか置きません。大阪のおばちゃんはめっちゃ紙袋を置いとくってテレビで言うてたけどな。そうでもないでっせ。←大阪のおばちゃん代表

工具箱

同じ段の左に鎮座しているのは、私の必需品の工具箱。ここに丁度のサイズを探しました。一番取り出しやすい場所にして、重いから一番下の段に置いています。

側面の棚

空間を最大限に生かすため、側面にも棚を付けました。ここには、ストック品を置いています。
家族が見てもすぐに分かるようにむき出し。笑。
マスクどこ~?と言われたら、押入れ~!で勝手に見つけてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?扉を取ってしまっても、籠を統一すればそんなにごちゃごちゃして見えなくないですか?

扉を開けるというワンアクションを除く事で、押入れが格段に使いやすくなりました。

さて次回は、この押入れの奥はどうなってる?という事で、奥行をどんなふうに利用しているのかをご紹介したいと思います。そうなんです。見えない所にまだ物を収納しているんですね~♪では、お楽しみに~!!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し