無印良品の頑丈ボックスの蓋をテーブル化【おしゃれに見える楽チン生活術vol.6】




こんにちは。インスタグラムで日々の晩御飯やインテリアなどを紹介しております、yukoと申します。
毎回、『おしゃれに見える楽ちん生活術』として、暮らしが楽しくなる生活術をご紹介しています。

我が家ではキャンプ道具の収納と持ち運びに無印良品の頑丈ボックス使っているのですが、そのボックスの蓋の部分をリメイクして、キャンプではテーブルとして使っています。今回はその作り方をご紹介します!

作り方紹介

無印の頑丈ボックスは、サイズが2種類あります。私が持ってるのは大きい方。こちらだと、すのこは5枚。小さい方だと4枚でできます。

2枚のすのこはそのまま。その他は分解します。分解した板を、隙間を埋めるようにしてボンドでくっつけていくと、隙間の少ない板になります。分解したときに出た細い棒を両脇に追加でくっつけると、安定感が増します。

私はピッタリサイズにしたくて、角を蓋に合わせて丸くカットしましたが、カットしなくても大丈夫。ちょっと両端に隙間ができるだけです。

はい!!ピッタリ~~~♪
私はすのこの形のままで作りましたが、分解して裏を布のテープで固定し、巻いて収納するタイプにリメイクされてる方もいますよ♪

色を塗ろう!

面倒なんで、裏は塗りませ~ん、笑。
好きな色に塗ってください。私はオイルステンのチーク色で塗りました。仕上げにコーティング材を塗らないと、水分をこぼしたらシミになります。面倒臭くない方は塗りましょう!私は・・・面倒臭い派、笑。

水に濡れても良いようにしたいなら、屋外のウッドデッキなどに使われる塗料を塗るのもいいでしょう。例えば、キシラデコールなど。水分ははじくのに空気は通すので、木を腐らせることがありません。

こんな風に一人暮らしなら家でテーブルとしても使えますね!うちもサイドテーブルに使おうかな~。
しかも、収納になってるから、一石二鳥じゃないですか~♪

実際のキャンプではこんな感じ。意外とたくさん置けます。

■まとめ
いかがでしたか?
キャンプグッスの収納としてじゃなくても、普段の収納として1つ持っておいて、蓋をテーブル化したら、出しっぱなしでも活用できます。しかも安い!!

とってもお勧めなので、ぜひ!チャレンジしてみてくださいね♪

さて、次回は久しぶりに収納のお話を。我が家の半畳の押し入れの中を公開しようと思います。散らからない、使いやすい押入れ収納。お楽しみに♪






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し