北欧アンティーク風クリスマスツリー[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.72]




こんにちは、DIYクリエイターの夏目です。

いよいよクリスマスが見えてきましたね!
デコレーションがとっても楽しい季節です。

今日は、接着剤だけでできるクリスマスツリーを作ろうと思います。
セメントを使いますが手が汚れない方法をお伝えしますよ!

材料

セリア 木製角材 3P 45×1.2×1.2 1セット
セリア 木製角材 2P 45×2.5×1.5 1本(1本余ります)
セリア インテリア用ブリキバケツ お好みのもの
ダイソー 速乾セメント 1袋

ジップつき保存袋
割りばし
輪ゴム

作り方(土台)

今回は土台にセメントを使います。

速乾セメントは半日くらいで次の工程に進むことができるので早く仕上がりますが、混ぜているそばから固まってきます。
もし自信のない方は、『速乾』ではなく『仕上げ』や『防水』などの別タイプをお勧めします。
この場合、セメントの量が少し多めに必要になります。


太い方の木材に割りばしと輪ゴムで画像のように準備します。セメントに差し込み、固定するためです。


セメントを袋に入れます。水を入れたら即座にもむ!!
入れ物に入れて混ぜるよりも早く、手も汚れない。セメントの粉も吸い込みにくいので安全です。ただ、力入れすぎると袋が破れてしまうので気を付けて。


そしてすぐにブリキのバケツに入れます。固まらないうちにささっと作業してくださいね。


木材を差し込みます!
まっすぐ刺さってるか回しながら確認して、割りばしをバケツのふちに合わせて固定します。

この状態でしばらく待ちます。
わたしはうっかり一日置いてしまいましたが、朝つくって、夜には固まっていました。
速乾以外のタイプはもう少し時間がかかりますので、次の作業に入る前に木材がゆれないか確認してくださいね。確認できたら割りばしは外してください。

作り方(木の部分)


細い方の木材を30cm、27cm、24cm、20cm、16cm、12cm、8cm、4cmとランダムな長さにカットします。


並べてバランスを見ます。
ここは好みなので、わたしは8段にしましたが、もっと隙間を開けてもよいと思います。


接着剤で順番に接着します。


白木のままだと北欧ナチュラル風。
シンプルな雰囲気に仕上がります。


今回はセリアのニスを2色混ぜて(メープルとウォールナット)塗りました。


ちょっと赤身のあるダークな色合いになりました。


デコレーションはお好みでよいと思いますが、今回はダイソーのフェルトボールをいくつか貼ってみようと思います。


グルーガンでバランスを見ながらひとつずつ接着します。カラフルや、モノトーンなどでもかわいいですね。
あとはお好きなデコレーションをしたら完成です!

完成


ワイヤー入りのフェイクグリーンをまきつけてシンプルに仕上げました。


夜の感じもとてもいい雰囲気です。


グレーの壁にもとても映えますね。
セメントがうまく使えれば、いろんなバリエーションが出来ると思います。
ぜひオリジナルツリーを作って楽しんでみてくださいね!

収納/DIY アイディアを綴らせていただいています。
なつめの手仕事日記
blog http://natsumekan.blog.jp/
Instaglam @natsume777
FACEBOOK なつめの手仕事日記






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し