100均アイテムで大人ハロウィン![プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.69]




こんにちは、DIYクリエイターの夏目です。

もうすぐハロウィーン!
年々、楽しむ方が増えるように感じます。

今回は簡単にできるハロウィーン向け100均DIYとディスプレイのご紹介をできればと思います。
ジャックオーランタンがいなくても海外風のディスプレイになりますよ。

材料

◎クモの巣
アンティークファブリック 黒

◎クモの巣フレーム
レース模様のランチョンマット
フレーム

◎キャンドル
キッチンペーパーやトイレットペーパーの芯(サイズ違いを2つ)
グルーガン
アクリル絵の具 白
Ledキャンドル

作り方 クモの巣フレーム

まずはクモの巣フレームを作ります。
お好きな数で大丈夫です。
今回は大きさ2種類、3つにしました。

ランチョンマットをカットします。
ランチョンマットの丸みをいかすため、あえて全面に貼らないようにします。

フレームの裏板にお好みでシートなどを貼る。
これはなくても大丈夫ですし、洋書やアンティークペーパーなどでもかわいいです。

レース模様のほか、クモの巣を連想させるものならいろいろつかってみてください。

クモをはりつけたら完成です。

作り方 たれまくるキャンドル

たくさん蝋がたれている雰囲気のキャンドル、ちょっとしたコツで作れます。

使うのは、ペーパー芯。
大きさの違う芯を2種類用意して下さい。

大きい方の芯は作りたいろうそくの高さプラス三センチほどの長さにします。
ちいさい方の芯はLEDキャンドル分短くカットします。
こちらの芯はキャンドルを支えるためすこし固めのものがおすすめです。

その、三センチ分に切り込みをいれ、折り曲げて底を作ります。
厚紙を貼って安定させてください。

高さが大丈夫そうなら、接着剤で底に張り付けます。
これで土台は完成です。

次にキャンドルが溶けている雰囲気を演出するため、グルーガンをまわりに塗りつけていきます。

乾かないうちにたてておくと、下にたれた感じになります。

これを、アクリル絵の具で白に塗ります。
段ボール等のなかでスプレーでも大丈夫です。
高さの違うキャンドルを3つつくることができました!

完成

アンティークファブリックを敷いた上に、クモの巣を広げ、キャンドルを配置します。
大きめのキャンドルはニトリのものです。

フレームは壁に飾りましたが、たてても大丈夫です。
いくつかあるとボリュームが出て楽しいです。

かぼちゃを飾らなくても、ハロウィーンの雰囲気が演出できました!

まとめ

どちらのアイテムも
実はクリスマスまで使えるものです。
フレームはクモを外してドライフラワーなどを。
キャンドルはそのまま。
ディスプレイは、文字を足したりリースを足したりしてすぐにクリスマス仕様に。

ぜひクリスマスまでご活用くださいね!

収納/DIY アイディアを綴らせていただいています。
なつめの手仕事日記
blog http://natsumekan.blog.jp/
Instaglam @natsume777
FACEBOOK なつめの手仕事日記






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し