おしゃれに見える料理の盛り付け・器選び【おしゃれに見える楽チン生活術vol.1】




改めまして、こんにちは。インスタグラムで日々の晩御飯やインテリアなどを紹介しております、yukoと申します。

今回からは、タイトルを『おしゃれに見える楽チン生活術』と改め、収納だけにとどまらず、生活全てを楽しておしゃれに!をテーマに、どんどん紹介していこうと思います。パチパチ~~♪

記念すべき第1回は、一人暮らしでも晩御飯が楽しくなる、『おしゃれに見える料理の盛り付け・器選び』として、ニトリの人気定番商品『ニトスキ』を使った盛り付け例をご紹介したいと思います。

さてさて~お腹が空くのを覚悟して!!行ってみよう~~♪♪

手羽先の塩コショウ焼き

まずはこちらをご覧ください。なんと!手羽先とアボカド、椎茸のチーズ焼きを、ニトスキで焼いただけ、笑。最強ちゃいまっか~~♪
だって、洗い物、少ないやん!フライパンのままで食卓に出せるんですよ?
しかも、鉄のフライパンなので、カリッカリのパリッパリに焼けるんです。味付けは塩コショウのみ。
楽ちんでおしゃれ!ちなみに、ランチョンマットもニ・ト・リ♡(別に回しもんちゃいまっせ、笑)

ハンバーグ

お次は、みんな大好きハンバーーーーーーーグ!!!
こちらは、別のフライパンで焼いてから、ニトスキに盛り付けたんですが、温めたニトスキに乗せると、お店のハンバーグみたいにアツアツが長続きします。おいしさ倍増!

アヒージョ


お次は我が家の定番メニュー、アヒージョ。
これ、見た目がめっちゃおしゃれですやん?でも簡単すぎて涙出るで。笑。
ニトスキにお好きな材料を入れて、にんにくの潰したの、鷹の爪、塩、オリーブオイルをドボドボ。蓋をして火を付け、火が通ったらブラックペッパー振って、完成!
一人暮らしでもお酒のあてに最高でっせ♪

ステーキ

特に、鶏肉は、とってもおすすめです。ニトスキで焼くと、パリパリに焼けるし、鶏から出た油で野菜も炒めると、うまみを残さず食べられます。あとはスープとご飯を添えるだけ。

チキンのトマト煮

最後に、一番おすすめなのが、鶏肉のトマト煮です。私は、家族の分も大きなフライパンで作るのですが、帰宅時間がみんなバラバラの時は、一人分をニトスキに盛り付けます。
とろけるチーズをかけて、グリルやオーブンで温めなおすと、チーズがとろけて絶品です!!お客様が来たときのおもてなし料理にもおすすめですよ♪
グラタンなんかも同じようにニトスキに盛り付けると、あとはグリルで焼くだけなんで、良いんですよ~。

まとめ


いかがでしたか?ニトスキは、ちょっとしたつまみを作るのにも、がっつり一人分の料理を盛り付けるにも大活躍します。絶対買いでしょ?(いや、ほんまに、別にニトリの社員ちゃいまっせ、笑)

そして、洗い物も少なくなる。料理も美味しくなる。おしゃれに見える。三拍子揃ってるでしょ?(何の三拍子や)

ちなみに、お手入れなんですが、心配しなくても簡単簡単!食べ終わったら、洗剤は使わず、たわしで汚れを落とし、火にかけて焼きます。出来れば毎回そこにオリーブオイルをなじませると完璧です!私は毎回はしませんけど。笑。

さて、次回はどんな生活術をお届けできるかな~♪お楽しみに~♪






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し