水道・光熱費は節約できる!一人暮らしの小技15




ガス代を節約する

ガスがついている人は、ガスの有効利用を知りましょう。お湯を沸かすときなどは電気より安く済むことが多いため、「ガスでできることはガスで」を心にとめておきましょう。
pixta_14206559_M

(13)お湯を熱くしすぎない

ガスでお湯を沸かすタイプの方は、必要以上に温度を上げることは避けましょう。お風呂を沸かすときもベストな温度を決めて、それ以上に温めることがないようにしましょう。シンクにもお湯が使えると思いますが、本当に寒いときだけお湯を使うようにすれば節約できます

(14)鍋底の水気を切る

鍋やヤカンでお湯を沸かして料理を作る場合も、ちょっとした心がけでガス代が変わります。沸かすときには底にある水気を拭いてからセットしましょう。底に水気があると、その水気を熱してしまうため非効率です。
また、鍋はできるだけ底が大きい物を使うと、熱のロスがなく効率的です。
pixta_12759490_M

(15)できるだけ大きな鍋を使う

鍋を使う際には、ガスの炎をすべて無駄なく受けられるサイズの鍋を用意しましょう。ガスの炎が底からはみ出していると、ガスが無駄になっている証拠です。迷ったら大きな鍋を使えば、省エネです。

その他、設定を確認したい家電

●テレビ
テレビの画面は明るいほど多くの電力を使用してしまいます!必要以上に明るくしていませんか?
✔ 画面を明るすぎないように設定する 
※「映像調整」などのメニューで画面の明るさの変更可能
✔ つけている時間を1日1時間減らす

●温水洗浄便座
✔ 使わないときはフタを閉める
✔ 夏は便座暖房をオフ(又は設定を低く)
✔ 洗浄温水の温度を低くする

【関連リンク先】
家庭でできる 夏の省エネに取り組みましょう! 一人ひとりの省エネが大きな効果に!

できるところからトライ!

たくさんの節約テクニックを紹介してきましたが、思い当たる無駄がいくつかあったのではないでしょうか。小さな積み重ねで、毎月の料金は変わってきます。すぐにできるものから試してみてください。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し