敷金・礼金は何のために支払うの?交渉できる?敷金・礼金のあれこれ




ひとり暮らしを始める時、家賃や引っ越し代の他にかかるのが「敷金・礼金」です。では、「敷金・礼金」とは、どんな費用なのでしょうか。何気なく支払っているけれど、「敷金・礼金」についてイマイチ分かっていない人も多いかもしれません。そこで今回は、敷金と礼金についてまとめました。

そもそも、敷金と礼金の違いは何?

入居時にかかる費用の一つである、敷金と礼金。大概セットで、支払うものですが、その違いは何なのでしょうか。それぞれについてみていきましょう。

敷金とは?

敷金とは部屋を借りる際の、大家さんへの「担保」の意味があります。入居中に、家賃などの未払いや、部屋を損傷させた場合の修理費が発生した際には、支払った敷金が充てられます。

また、部屋を退去時には、敷金から「家賃滞納分や借主に責任のある損傷の修理費」を差し引いた金額が返ってきます。もし仮に、家賃の未払いや借主に責任のある部屋の傷の修理費がなければ、原則として全額返金されます。

礼金とは?

礼金とは、部屋を所有する大家さんに対して、「お礼」として支払う費用です。敷金と違い、退去時に返金されることはありません。この礼金は、もともとは物件が少なかった時代、大家さんに対して、「お願いします」という意味を込めて支払われていた費用とのことです。

「敷金・礼金」なし物件について

敷金・礼金に関して何のために支払うのか理解できたけど、それでも入居費用をできる限り抑えたいですよね。そんな人に向けて最近では、「敷金・礼金」なし物件も増えてきています。

一般的には、こうした「敷金・礼金」なしの物件を「ゼロゼロ物件」と呼ぶようです。では、この敷金・礼金なし物件について、その理由とメリットとデメリットを確認しておきましょう。

どうして、「敷金・礼金」が必要ないの?

「敷金・礼金」が発生しないのには、大家さんの意向や部屋の状況などによります。部屋を貸し出す大家さんとしては、空室を避けたいのが本音です。

しかし、「街の中心部から遠い」「設備が古い」「日当たりや風通しが悪い」などによって、部屋が満室とならないことも。そこで、大家さんは敷金・礼金をなしにして、空室を減らしたいと考えるのです。

メリット

敷金・礼金がないと、初期費用が安く抑えられるというのが、最大のメリットです。その分のお金を、引越し代や家具・家電に充てることができます。また、初期費用が安い分、少しだけ背伸びした物件に入居することも可能です。

デメリット

入居時の初期費用が安くなるのは嬉しいですが、デメリットもあります。例えば以下のようなことです。

・敷金・礼金がない代わりに、家賃が高めに設定されている
・初期費用が抑えられる分、入居者の質が低いことがある
・家賃保証として、保証会社への加入が条件になる
・退去時に、リフォーム費用を請求される場合がある

こんなところにも注意!

入居者が家賃を滞納してしまうと、大家さん側が家賃を取り立てなければなりません。家賃の保証の替わりとなる「敷金」がないのは、大家さんとっては、非常にリスクの高いことなのです。そこで家賃を滞納する人に対して、厳しい取り決めを設けているケースも。

また中には、敷金・礼金がゼロであるとしながらも、「仲介手数料」「保証金」「入会金」「鍵交換費用」などの名目で費用を請求され、結局、敷金・礼金数カ月分を支払わされた人もいました。

トラブルに発展しないよう必ず入居前に、「敷金がない代わりに、家賃を滞納してしまった時にはどうなるのか」、「退去時の部屋の修理費やクリーニング代はどのような形でいくら支払うのか」など確認しましょう。

敷金・礼金の交渉はしてもいい?

やっと見つけたお気に入りの物件。でも、敷金・礼金が高くて、入居できそうもない…と諦めるのは早いです。大家さんや不動産屋さんに正直に「入居したいが、予算的に厳しい」と伝え敷金・礼金について交渉してみても良いでしょう。

しかし、「敷金・礼金をゼロにして欲しい」と言うのは、難しいかも…。そこで例えば、家賃2ヵ月に設定されている金額を1ヵ月分にできるか相談する、同じエリアの同様物件と敷金・礼金に関して差がある場合は、相場を同じにしてもらえないか相談するなどしてみましょう。

地域によって金額に差があり、また関西では保証金であったり、北海道では敷金のみであったりと、地域によって異なるので、ご確認ください。

筆者が都内で暮らしていたマンションを退去する際に、大家さんから「部屋をきれいに使ってくれてありがとう」と言われたことがあります。もちろんその際の敷金は、きちんと返金されました。

部屋を借りる際にネックになる「敷金・礼金」ですが、その意味を理解し、自分が納得した上で支払うのが大切です。また、入居中もあくまで大家さんから部屋を借りている立場を忘れてはいけません。退去時のクリーニング費用が少しでも安くなるように、部屋をきれいに使う努力も怠らないでくださいね。

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し