みんなどのくらい貯金しているの?20代のうちに貯金しておくべき理由と貯金するコツ




突然ですが、新社会人や大学生の皆さん、貯金はどのくらいありますか?もしかしたら、全く貯金していない人も多いかもしれません。

ですが、20代はライフステージが変化しやすく、まとまったお金が必要になることも。そこで今回は、気になる20代のお金事情についてまとめました。

20代の貯金の目安ってどれくらい?

20歳になったら毎月どれくらいのお金を貯めればいいのでしょうか。20代の平均所得額とともに、平均貯金額を見ていきましょう。

平均所得額は?

2018年に国税庁が行った「民間給与実態統計調査」によると、20~24歳の平均給与(年収)は、平均で267万円でした。25~29歳では、平均370万円。

この数字は額面給与額なので、そこから保険料や税金などが引かれ、実際に手元に入るお金はさらに少なくなります。一人暮らしの場合、家賃や光熱費などの生活費がかかり、自由に使える金額はさらに少なくなるでしょう。

平均貯蓄額は?

金融広報中央委員会発表の「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]」によると、20代の平均貯蓄額は106万円でした。

しかし、中央値(すべてのデータを順に並べた時に、その真ん中に来る値)だと、20代の平均貯蓄額は5万円でした。これらのことから、一部を除き多くの20代は、貯えが少ないようです。

※ここでいう貯蓄とは貯金を含め、保有している株式や生命保険なども含めた金融資産のことを指します。

新社会人の貯蓄の目安は?

大卒の新社会人の年収は、「300万円以上500万円未満」というケースが多いのではないでしょうか。「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]」によると、「300万円以上500万円未満」の貯蓄額の中央値は130万円でした。そこで新社会人にとって、まずは130万円を貯えの目安としてみましょう。

貯蓄手取りの10%を目安に

新社会人が130万円を1年で貯めようとすると、月に10万円以上になります。ひとり暮らしの場合、この金額は現実的ではありません。では、毎月のお給料からどれくらいの金額を貯めるのが良いのでしょうか。

先に挙げた、「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]」によると、20代の単身(独身)の人が手取りから貯金に回している割合は、平均で16%でした。

手取り給与が16万円だとして、手取りの16%を貯金に回すとすると、25,600円が毎月の貯金額です。毎月25,600円を貯めると、約4年半で130万円を達成することができます。

しかし手取りの16%を貯金に回すことが難しい場合もあるでしょう。その場合は、収入の10%を目安に貯金を目指します。手取り給与が16万円ならば、16,000円が10%の金額です。毎月16,000円を貯めると、約7年で130万円の貯金を達成できます。

もちろん、余力があればもっと貯金に回してもよいでしょう。まずは130万円をどれくらいの期間で貯めるのかを定めることからはじめてみてはいかがでしょうか。

20代で必要になるお金

つい目先のものにお金を使いたくなりますよね。ですが就職、結婚、出産、マイホーム購入など、10代に比べて、20代ではライフイベントがたくさんあります。

なので、貯蓄についてしっかりと考える必要があるのです。そこで、20代がこれから必要になってくるライフイベントに関するお金についてみていきましょう。

まず大きな費用としてかかるのが『結婚資金』

働き始めてから、結婚を意識し始める人も多いと思います。結婚するとなると、結婚指輪や結婚式の費用、新婚旅行費、新生活費用などさまざまな費用がかかります。

参考までに、「ゼクシィ結婚トレンド調査 2019」によると、結婚式・披露宴の費用の平均は354万9,000円、2人分の結婚指輪の購入金額の平均は24万2,000円という結果が出ています。

上記に加えて、新婚旅行もすると、さらに資金が必要となります。

将来にわたって多くかかる『教育資金』

2009年に文部科学省が発表した「家計負担の現状と教育投資の水準」によると、子供1人あたり、幼稚園から大学まで公立に進学した場合の平均的教育費は、818万5,572円です(自宅から通学した場合)。下宿や1人暮らしをして通学した場合は、1,000万円を超えると考えてよいでしょう。

子育ての方針で私立に通わせたいという親もいます。その場合は、さらに費用がかかります。

人生で最も大きなお買い物といわれる『マイホーム資金』

結婚・出産を経て、マイホームの購入を計画することもあると思います。住宅金融支援機構の「2018年度フラット35利用者調査報告」によると、2018年度の住宅の購入価格は、全国平均で注文住宅が3,395万円、建売住宅が3,442万円、新築マンションが4,437万円。中古戸建は2,473万円、中古マンションは2,893万円でした。

マイホームの購入はまだまだ先と思ってしまうかもしれません。ですが、手元に資金がないと希望する物件を購入できない、住宅ローンを借りる際に金利が高くなる、など不利になってしまうこともあります。20代前半のうちからコツコツと貯めていきましょう。

自身のキャリアアップに備えた『スキルアップ費用』

「転職してもっといい会社に勤めたい」、「今働いている会社でのスキルアップしたい」などの理由から、資格取得のための講座や英会話などのスクールに通う人もいるかもしれませんね。本格的な資格講座やスクールだと、費用もかかってしまいます。

キャリアを積み重ねていくうちに「別のことに挑戦したい」「やっぱり自分の夢を叶えたい」などと考えは変わっていくものです。そのとき、貯金があれば動きやすくなるでしょう。そのときのためにも、蓄えをしておくことは大切です。

財形貯蓄制度の利用や自動積立の定期預金口座の開設を

20代はさまざまなライフイベントがあり、お金が必要になります。そうは言っても、やみくもにお金を貯めようとしても難しいもの。まずは給与口座とは別に、定期預金の口座を作りましょう。

そして、給与をもらったらすぐに財形貯蓄制度や自動積立を利用し、定期預金口座に移すとよいですよ。

財形貯蓄制度

財形貯蓄とは、企業が毎月の給与から一定額を天引きして、金融機関に送金してくれる制度です。もし働いている会社で、財形貯蓄制度がある場合は積極的に利用してみましょう。まずは、給与担当者に制度の有無や方法を確認してみてください。

自動積立の定期預金

会社で財形貯蓄制度がない場合は、銀行の自動積立制度を利用しましょう。この制度は、指定した口座から、自動的に毎月決まった金額を積み立て口座に移してくれるものです。給料日の次の日など指定ができますので、無理なく貯められます。

まとめ

マイカー購入費、マンションの更新料、ケガや病気での入院、学生時代に借りた奨学金の返済…。人生にはライフイベント以外にも、お金がかかります。

いざという時に「お金がない」と嘆かずにすむように、ある程度の蓄えは必要です。お金を貯めることに、早すぎるということはありません。新社会人のうちから地道に計画を立てて、コツコツとお金を貯めていきましょう。

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し