増税後の生活費ってどれだけ影響している?家計をもう1度見直してみよう!




2019年10月1日から始まった消費税10%。最初のうちは、意識して買い物やレジャーなどにお金を使っていたと思います。
ですが、増税から2ヵ月が経過し、最近は増税への意識が薄れてきたのではないでしょうか。

たかが2%、されど2%……。この辺で、もう一度増税について考えてみませんか?
今回は消費税が8%のとき、そして増税して10%になったあとの、一人暮らしでかかる費用について比べてみました。

消費税8%と10%ではどれくらい変わる?

そもそも一人暮らしでかかる費用は千差万別。住む場所やライフスタイルによって異なりますね。
そこで全国の平均を知るために、総務省統計局が算出した家計調査(家計収支編)を参考に比較にしてみました。

あくまで全国の平均なので、都市部や地方によっては、費用の内訳が大きく異なることがあります。

一人暮らしにかかる費用の項目と平均費用

光熱・水道・・・11,849円
家具・家事用品・・・4,835円
被服及び履物・・・5,627円
保健医療・・・7,231円
交通・通信・・・21,619円
教養娯楽・・・19,674円
その他の消費支出・・・25,285円

家計調査報告(家計収支編)2018年(平成30年)II 総世帯及び単身世帯の家計収支 表Ⅱ-1-2 消費支出の費目別対前年実質増減率 -2018 年-

住居費と食費は増税対象外のため省きました。また、総務省統計局が算出した項目には「教育」がありましたが、平均金額が低く今回の項目から外しています。

消費税8%と10%で生活費はどれくらい変わる?

上記で挙げた平均金額が1カ月の生活費としたときに、消費税が8%と10%ではどれくらいの差が出るのか比べてみました。

ただし、食費は軽減税率の対象なので消費税は8%のままです。住居(家賃)は非課税なので10%の対象から外しました。

項目 費用/1か月 8% 10% 差額
食 料 44,067 47,592
住 居 22,646 24,458
光熱・水道 11,849 12,797 13,034 237
家具・家事用品 4,835 5,222 5,319 97
被服及び履物 5,627 6,077 6,190 113
保健医療 7,231 7,809 7,954 145
交通・通信 21,619 23,349 23,781 432
教養娯楽 19,674 21,248 21,641 393
その他の消費支出 25,285 27,308 27,814 506

まとめてみると、8%と10%の時の差額は合計で、1923円でした。

この額はあくまで1か月分。単純に計算して12ヵ月分としても、年間23076円の負担が増すということになります。

実際には、娯楽や通信費などに平均以上を支出している人も多いはず。改めて、2%の増税は一人暮らしにとって大きな負担になっているといえますね。

外食・洋服・女子会etc…趣味にかかるお金は?

一人暮らしだと外食する機会は多いですよね。また、おしゃれに気を遣う人は洋服代もかかることでしょう。恋人とのデートでの交通費や交際費にだって、お金がかかります。

それでは、もっと具体的な事象を当てはめてシミュレーションしてみましょう。今回は筆者が都内で一人暮らしをしていたときに、支出が多かった項目を5つ挙げてみました。

それぞれのひと月に出費する金額を算出し、8%と10%の消費税をかけて差額を比べてみます。

筆者が都内で暮らしていた時に出費が多かった5項目

①趣味は週末のカフェ巡り
②月1回で気の合う女友達4人での女子会
③週2回の残業で夕飯はレストランで外食
④お昼ごはんは週5で同僚と、定食屋の500円(税別)ランチ
⑤ショッピングが好きで、毎月15,000円ほどの洋服代がかかる

カフェ・・・10%の消費税
1回の代金が700円と仮定。月に4回で2800円。
・8%…2,800円×消費税8%=3,024円
・10%…2,800円×消費税10%=3,080円

差額は56円×12ヵ月=672円

女子会での居酒屋飲み会・・・10%の消費税
3,000円と仮定。
・8%…3,000円×消費税8%=3,240円
・10%…3,000円×消費税10%=3,300円

差額は60円×12ヵ月=720円

週2回のレストラン外食・・・10%の消費税
1000円と仮定し、週2回で2000円。
2000円×1ヵ月
(4週間)=8,000円。

・8%…8,000円×消費税8%=8, 640円
・10%…8,000円×消費税10%=8,800円

差額は160円×12ヵ月=1920円

週に5回のランチ・・・10%の消費税
500円と仮定し、週5回で2500円。

2500円×1ヵ月(4週間)=10,000円。
・8%…10,000円×消費税8%=10,800円
・10%…10,000円×消費税10%=11,000円

差額は200円×12ヵ月=2400円

月に15,000円の洋服代・・・10%の消費税
・8%…15,000円×消費税8%=16,200円
・10%…15,000円×消費税10%=16,500円

差額は300円×12ヵ月=3,600円

上記で挙げた5項目だけでも、消費税増税後には、年間で9,312円が余計にかかるということが分かりました。
ですが、あくまでこれは筆者の場合。皆さんの場合はどうでしょうか?みなさんも自身の生活を見つめ、支出の多い項目をピックアップし、増税前と後での差額を算出してみてください。

増税後の暮らしをもう一度見直そう

たった2%の増税でも、生活にダイレクトに響いてくる消費税。1度の支払いでは数円であっても年間にすると数千円、人によっては数万円を支出しているなんてことも。

今は楽しくて生活が充実していても、数年先はどうなっているかわかりません。将来のために貯蓄だってしたいはず。気づかないうちに支出額が増えているのはよくありません。そこで、増税後の暮らし方についてもう一度見直してみましょう。

外食でなく、テイクアウトを活用しよう

一人暮らしだと、残業やサークル活動で食事を作る気力がないと外食に頼りがちになります。

でも、外食は10%税率の対象。レストランで食べたいのをぐっとこらえて、テイクアウトして、お家で食べましょう。持ち帰りの食事は、8%軽減税率の対象に。

また、一部のファミリーレストランや大手牛丼店では、店内もテイクアウトも同じ金額になるように工夫されているところも。そうした店やレストランを選んで賢く食事をしましょう。

レトルトやインスタント、冷凍食品の活用も

ランチに外食している人は、1週間でかなりの額になります。

例え、ワンコインであっても、5日間では2500円。週に1日だけでも、弁当やおむすびを持参して、外食をしない日を作ってみては?

今では、レトルトやインスタント、冷凍食品など手軽にできるものが豊富です。これらは軽減税率の対象で、スーパーなどで簡単に手に入るのでぜひ活用してみては。

お得なキャッシュレス決算を取り入れて

巷で話題のキャッシュレス決算は、店によっては、5%を還元してくれるところも。

ただし、この還元には期間が設けられています。面倒だからと後まわしにしていたら、いつの間にか終わっていたなんてことも。今のうちに積極的に取り入れお得に買い物をしましょう。

まとめ

誰にでもあてはまる消費税の増税。増税前と同じようにお金を使っていたら、知らない間に大出費なんてこともあるでしょう。

まずはどの項目に、自分がお金をかけているかを把握し“見える化”することが大切です。見える化をすることで、おのずと無駄に出費をしている項目が分かるはず。

消費税増税後に、ただやみくもに節約や貯蓄をするのではなく、メリハリのある充実した一人暮らしを楽しんでくださいね。

【ライター名】
唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し