増税後の仕組みを理解して、節約する!【軽減税率やキャッシュレス】




とうとう10月から消費税が8%から10%にUPしました。

今回の消費増税に関しては「軽減税率の適用」と「キャッシュレス決済によるポイント還元」が話題となっています。ただ、いまいちピンとこない部分もあり、実際にどのようなことなのか調べてみました。

軽減税率の適用

消費増税前に日用品がどこまで対象かと話題となりましたが、結局今回は「飲食料品」と「新聞」だけが対象となりました。医薬品や本・雑誌類などは残念ながら適用されません。

新聞は定期購読が対象です。駅の売店やコンビニで1部ずつ売られているのは対象外。電子版も対象外となります。

飲食料品はどうでしょうか? まずお酒は対象外で常に10%。それ以外を、ざっくり線引きすると「イートインや外食は10%、出前や持ち帰りは8%」です。

ここで注意が必要となるのが、飲食スペースのあるコーヒーショップやコンビニでのケース。

ほぼセルフサービスであっても、店内の椅子に着席して飲食をすると外食扱いに。そのため同じ商品であっても、購入時にはイートイン・テイクアウトどちらにするかを決め、会計時に正しく申告する必要があります。

なお、マクドナルドやすき家などの一部外食店は、イートイン・テイクアウトのどちらの場合でも同じ税込価格にすると発表しています。

キャッシュレス決済によるポイント還元

キャッシュレス決済とは、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、そしてQRコードなどのスマホ決済などのこと。支払いの際に、現金ではなくこれらを使用すると、一定のポイント還元が行われます。

この制度でまず覚えておきたいのは、9か月間の期間限定ということです。つまり2020年6月30日(火)まで。実施するお店は限定されますが、中小店舗は5%、大規模チェーン店は2%の還元があります。

軽減税率は飲食料品・新聞のみでしたが、ポイント還元はそれらも含めたほぼ全てが対象です(対象外は金券など)。

また、各決済サービスで、還元の手段や上限金額なども決められています。詳細は、キャッシュレス・消費者還元事業ホームページなどでご確認ください。(https://cashless.go.jp/ )

一人暮らしで大きく関係するのは食事関連となります。出費を抑えるのには自炊がよいといわれますが、今回の消費増税でますます自炊メリットが出る形となりました。加えて支払い時にキャッシュレス決済にすると、今はポイント還元ができることで、より節約できそうです。

【ライター名】高柳優






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し