クレジットカードとコード決済で節約!どれぐらい節約できる?




一人暮らしでは何かと出費がかさみます。特に最近は消費税のアップで色々辛いところ。ただ同時に、クレジットカードや電子決済サービスを活用するとお得とのニュースもよく耳にします。

具体的にどれくらいの節約となるのか、調べてみました。

消費増税に関する「キャッシュレス決済によるポイント還元」

今回の消費増税に関しては「食品などへの軽減税率の適用」が話題となっていますが、合わせて「キャッシュレス決済によるポイント還元」も実施されています。
キャッシュレス決済には、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードでのスマホ決済などがあります。

この制度でまず覚えておきたいのは、9か月間の期間限定ということです。つまり2020年6月30日(火)まで。また対象となる店は限定され、店の規模によって還元率は異なります。中小店舗の場合は5%、大規模チェーン店は2%です。

還元をうけるには、各決済サービスにて事前登録の準備が必要となります(クレジットカードは多くの場合不要)。その他各決済サービスで、還元の手段や上限金額なども決められています。詳細は、「キャッシュレス・消費者還元事業」ホームページでご確認ください。(https://cashless.go.jp/)

大手コンビニでの「キャッシュレス決済によるポイント還元」

コンビニ大手のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどは、いずれも「キャッシュレス決済によるポイント還元」に対応しています。
これらコンビニではキャッシュレスでの支払い時に即2%分ポイント還元され、最終的な支払額が既に引かれた金額になります。なお、上限金額の設定や対象外の商品(金券など)の条件がありますので、ご注意を。

さて、上記までは言わば「国の制度」としてのポイント還元ですが、ポイント還元にはさらに「お店側が実施するもの」や「決済業者が実施するもの」があります。

決済業者が実施するお得なポイント付与

ここからは、決済業者によるお得なポイント付与を挙げていきます。たとえばローソンでPontaカードを提示しSuicaで支払いを行うと、消費税のポイント還元とは別にさらにそれぞれに指定のポイントが付与されます。

そして、最近話題のスマホ決済。
PayPayでは、先ほどの消費増税で5%還元対象店舗での決済において最大5%のボーナスを上乗せするという11月末までのキャンペーン発表。
楽天ペイも対象加盟店で5%ポイントバックのキャンペーンを12月2日まで実施しています。
このようにQRコード決済は、頻繁にキャンペーンを打ち出していますので、随時情報をチェックしましょう。

また、一人暮らしをすると、電気・ガス・水道など公共料金の引き落としが発生します。支払い方法はいくつかありますが、ここでお得なのがクレジットカードでの引き落とし。ポイントも付与されるメリットに加え、公共料金支払い先に登録すると年会費免除など各種サービスが受けられるカードもあります。

まとめ

節約は細かい努力の積み重ね。特に増税後の今は、国や決済業者から期間限定のキャンペーンがいろいろと打ち出されています。折角のこの機会、なるべく多く乗っかることで、自由になるお金を増やしていきましょう。

【ライター名】

高柳優






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し