備えあれば患いなし。一人暮らしの地震対策まとめ




皆さんは普段から地震対策をしていますか? 日本に住むかぎり、地震は切り離せません。そこで今回は一人暮らしの地震対策についてまとめました。

停電対策

地震以外でも落雷や大雪で停電になり、電気が止まる可能性があります。そこで、簡単にできる停電対策を紹介します。

センサーライトを設置

動きを感知すると光るセンサーライトは非常時にも役に立ちます。ホームセンターや100円ショップなどで販売していて、簡単に手に入ります。さらに、揺れを感知し点灯する、地震の際に特化したセンサーライトもありますよ。

懐中電灯や電池式ランタンを数か所に設置

懐中電灯や電池式のランタンを数か所に配置しておくと、停電時に慌てなくて済みます。ただし、乾電池式の懐中電灯だと、電池切れの心配があるので定期的に確認を。手動式の懐中電灯や、太陽光で充電できるランタンなども便利です。

充電器、モバイルバッテリーを複数持つ

外出の際に持ち歩く人も多いのが、充電器やモバイルバッテリー。停電中はスマホの充電ができないので、充電が切れると災害の最新情報を手に入れたり、緊急時の連絡ができなくなります。そこで活躍するのが、充電器やモバイルバッテリー。ただ充電グッズは、放電してしまうので定期的に充電をするようにしてくださいね。

火災対策

地震の際に怖いのが火災です。火災についても対策を知っておきましょう。

ガスの元栓を閉める

地震の揺れが収まったら、まずはガスの元栓をしめましょう。また、普段からガスの周りには燃え移るような物を置かないようにするとよいですよ。最近では地震が揺れたときに自動的に火が消えるコンロもあります。

電気のブレーカーを落とす

停電復旧後に「通電火災」が発生することもあります。それを防ぐためにも、地震の際にはブレーカーを落とすことも忘れないようにしましょう。

家具等の転倒・落下防止

地震の揺れによって家具・家電が落下し、怪我をする可能性があります。普段から家具を固定するようにしましょう。電子レンジやテレビなど小さい家電でも、地震の揺れによって飛んでくることもあるので要注意です。どんなに小さな家電や低い家具でも固定しておくとよいですよ。また、そもそも物をもたないことを心がけると、地震対策だけでなく、普段の暮らしもすっきりしそうですね。

連絡先対策

大きな地震が起きると、通信機能が制限され親類や友人に連絡ができなくなります。いざという時に安否確認ができるように、日頃から準備をしておきましょう。

伝言ダイヤル(171)の利用

災害時には、伝言ダイヤルが設置されます。自分の名前やケガの有無、避難場所を吹き込むことで、家族に無事を知らせることができるサービスです。家族には、災害の時には「伝言ダイヤル」を利用すると伝えておきましょう。また事前に、使い方を調べておくとスムーズです。

連絡先を紙に書いておく

停電が続くと、電池切れでスマホを利用できなくなることも。これでは、両親や友人たちの連絡先が分かりません。

そこで、主要な人の連絡先を紙や手帳に書き写しておきましょう。その際、書いたメモをラミネートすると、雨など水に濡れても安心です。また、災害時に公衆電話が使えるように、テレフォンカードを財布に忍ばせるのもグッドアイディアです。

家族の写真を持っておく

地震などの災害では、家族とはぐれてしまうことも想定されます。その際に家族との写真を持っていれば、尋ね歩くことが可能に。こちらもスマホがなくなったり、充電切れのときを考え、プリントアウトしておくのがよいでしょう。

普段から買い置き・非常食の準備

一人暮らしなら用意しておきたいのが、カレーや親子丼などのレトルト食品、水だけで食べられるご飯などの非常食です。常温保存でそのまま食べられるものがおすすめ。

食べ物は賞味期限がネックになりますが、古いものから普段の食事で食べていけば、備えつつ無駄なく消費できます。

地震以外でも断水することがあるので、ミネラルウォーターを購入し、備えておきましょう。持ち出し用のリュックにも小さいものを入れておくと安心です。

缶詰

鯖や焼き鳥など、多くの種類が販売されている缶詰。好みのものを見つけておけば、災害時に滅入った気持ちが少しは和らぐかもしれません。しかも最近では、缶詰をアレンジしたレシピがテレビやSNSで公開されているので、普段の食事としても美味しく食べられます。

レトルト食品

レトルト食品は温めなければ食べられないイメージがありますが、中には、常温で食べられるものも販売されています。味も美味しいので、何種類か揃えておくのがよいでしょう。

お菓子類・嗜好品

お菓子や嗜好品などは、賞味期限がそこまで長くありません。ですが、ストレスを発散させるためには必要なものです。そこで、いくつか好きなものを密閉できるビニール袋に入れて保管しておきましょう。その際、袋にそれぞれの賞味期限をマジックで書くと、食べる度に確認する必要がありません。

防災バッグや防災マップの準備も

災害時に一人暮らしをしている部屋が安全とは限りません。やむを得ず、避難場所へ行くことも想定し、防災バッグや防災マップの準備をしてください。

防災バッグ・非常時バッグ

非常食や懐中電灯がセットになった、非常時バッグや防災バッグが販売されています。しかし、値段が高くて手が出ないという人もいると思います。そこで、オリジナルの防災バッグを作ってみましょう。リュックサックに、物を詰めるだけなので簡単ですよ。以下に、防災グッズの一例を挙げますので、参考にしてくださいね。

【防災バッグに入れておくと便利なもの】

  • 飲料水
  • 食料品
  • 絆創膏やガーゼなど救急用具
  • 服用中の薬やお薬手帳
  • メモ帳、筆記具
  • ヘルメット、防災ずきん。また、ニット帽など頭を守れるもの
  • 軍手
  • マスク
  • 下着
  • 長袖長ズボンの衣類
  • 靴下
  • 運動靴
  • バスタオル、ブランケット
  • 歯ブラシや洗顔フォーム
  • 携帯ラジオ、予備電池
  • ウェットティッシュやポケットティッシュ、ハンカチ
  • 使い捨てカイロ
  • 懐中電灯
  • 眼鏡、コンタクトレンズ一式
  • レインコート

など

上記以外に女性の場合は、生理用品やメイク落としなどを準備してください。また、飲料水や食料品は3日分を目安にしてください。

防災マップやハザードマップ

各市区町村では、地震や水害の際の防災マップやハザードマップを用意しています。自治体によって中身は異なりますが、概ね避難場所や避難場所までの経路、病院や炊き出しの場所などを記しています。

防災マップやハザードマップは、市役所やホームページなどで配布していますので、必ず手に入れましょう。もし、住居と職場の自治体が異なるならば両方のマップを持っていると、重宝しますよ。

避難所までの経路の確認

家から行ける避難場所の確認をできていない人も多いのでは。 避難場所を把握し、経路を知っておくことが大事です。日曜日や夕方など時間帯を変え、何度か避難場所まで足を運び、道順を覚えましょう。

日ごろから地震に備えておこう

筆者は東日本大震災の際、給水機の故障により部屋が水浸しになり、体育館へ避難したという経験があります。当然、着替えなどの準備ができておらず、しかも避難所が分からず途方に暮れました。

地震などの災害は、いつ起きるかわかりません。自分の安全を守れるのは自分だけです。どうか防災意識をもって、「備えること」を怠らないでくださいね。

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し