部屋干しでも臭わない洗濯物の干し方や対策を伝授します!




一人暮らしで悩みごとのひとつが「洗濯物干し」ではないでしょうか。毎日庭やベランダで陽に当てて干すことができればよいのですが、雨の日もあったり、朝は洗濯している余裕がなかったり、また、洗濯物を干すことができるベランダがない人もいるでしょう。部屋干しでも臭わないための対策を紹介します。

洗濯物をためないこと

洗濯物の嫌な臭いの原因は雑菌です。洗濯物は洗濯槽の中に放り込んで、たまったら洗濯する人も多いと思いますが、洗濯槽に洗濯物を入れておくと雑菌が発生しやすくなります。洗濯物は通気性のいい洗濯カゴに入れておくようにしましょう。

また、洗った衣類を干す時に、洗濯物の数が多いとどうしても乾きにくくなり、これも雑菌発生のもとです。こまめに洗濯して、一回の洗濯で干すものの量を少なくしておけば、乾きやすくなり、臭い対策にもなるのです!

洗剤でも部屋干し対策

部屋干し専用品を使う

最近は部屋干し用の洗濯洗剤や、柔軟剤が市販されています。除菌や抗菌などと書かれたものを使うとよいでしょう。また製品によってはそれを使うと、脱水した時の水きれが良くなるものもあり、乾燥するまでの時間を短縮できます。

もし洗濯物に臭いがついてしまって洗っても取れないときは、漂白剤を使ったり、洗濯物を煮沸したりする必要があります。

重曹

重曹には消臭効果があります。しかも普段使っている洗剤と一緒に洗濯機に入れるだけでよいので使いやすいですね。また、重曹には柔軟剤の効果も。そのため重曹を入れる場合、柔軟剤は必要ありません。

この重曹はお掃除でも活躍しますし、そのまま下駄箱に入れておけば消臭効果もありますから、一人暮らしの強い味方になってくれるでしょう。

干し方・干す場所を見直す

洗濯物は間隔をあけて風の通り道をつくる

雑菌の発生を抑えるためには、いかに早く乾かすかが重要です。そのために、洗濯物の間隔はなるべく空けて風を通します。目安は10〜15cm。

また、薄手の服と厚手の服を交互に干すのも風通しには効果的です。そして、家にいるときなら、窓は開けてキッチンの換気扇を回すと、風が通り抜けます。その場合、部屋とキッチンのドアは開けておいてください。

さらにズボン類は腰回りを開くようにして干すために、洗濯バサミを3個以上使います。これも風が抜けるようにするためです。シャツなら襟を立てる、フード付きのものはフードを立てるようにして干すと、乾きやすくなりますよ。フードを立てて干すための便利なハンガーも販売されているのでチェックしてみてください!

家電を使う

洗濯機の設定を調節して、脱水時間を長くしたり、2回脱水したりして、洗濯物の水分をなるべく減らしておきます。また、「風乾燥」といった機能が付いている洗濯機なら活用します。そういったもので洗濯物を「半乾き」にしてから干すだけでも、完全に乾くまでの時間を短縮できます。

そして除湿機の使用はもちろん、エアコンに除湿機能があれば使いましょう。扇風機で風を当てるだけでも早く乾きます。できれば、扇風機で風を当てながら除湿機や除湿機能使う、併用作戦を行うと心強いです。外出時に除湿機を使う場合は、タンクに溜まった水は必ず捨てておきましょう。意外と水は溜まっており、満水だと運転が停止する機種が多いので気をつけてください。

窓際よりもお風呂場に

洗濯物を部屋の中に干すとき、窓の近くにと思ってカーテンレールに引っ掛けるのはNGです。カーテンレールが重さで歪んだり、カーテンの雑菌が洗濯物についてしまったりするからです。

オススメなのはお風呂場。お風呂場の換気扇を回して、風通しを良くして乾かします。お風呂場に突っ張り棒をつけて、物干し竿にするというアイディアも。換気扇をまわす時間は、洗濯物の量にもよりますが、1日中回しておきましょう。そのとき、浴槽の水は流しておいてください。

お風呂場で洗濯物を乾かすメリットはほかにもあります。風呂場の壁なども一緒に乾燥するので、カビ対策にもなるのです。また、部屋の目につくところに洗濯物が干してあるのは案外ストレス。風呂場に干すことで部屋が快適になります。オンライン授業や飲み会で、部屋の洗濯物がうつってしまって恥ずかしい思いをする心配もありません。

部屋干しにはしっかり換気を!

部屋干しすると、部屋の中も臭ったり、カビが発生したりすることもあるので、在宅時は窓を開けてしっかり換気を。清潔な洗濯物で、さっぱりと気持ちのいい生活を送りましょう。

ライター 前田郁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し