粗大ゴミってどうしたらいいの?ひとり暮らしの粗大ゴミの捨て方




ひとり暮らしで困るのが、粗大ゴミを処分するとき…。引越しや模様替え、買い替えなどによって出る、大きな家具や家電の処理は本当に大変ですよね。

特にひとり暮らしの女性だと、処理できずに困ることもあるかもしれません。そこで今回は、粗大ゴミの処理方法についてご紹介します。

そもそも粗大ゴミって何?

部屋にある家具や家電が不要になったときに、どうやって処分するか悩みますよね。

粗大ゴミとして処分するのか?リサイクルしなければならないのか?そもそも粗大ごみの定義とは?など、意外と知らない粗大ゴミについてまとめてみました。

粗大ゴミとは

多くの自治体では、粗大ゴミを「一辺30cm以上のもの」としています。ただし、自治体によってサイズが異なることもありますので、確認をしておきましょう。例として以下に、ひとり暮らしの人の部屋にある、粗大ゴミに該当する家具・家電をあげていきます。

・ソファーやテーブルなどの大型家具
・布団や毛布などの寝具類
・冷蔵庫・洗濯機などの大型家電
・自転車
・扇風機や掃除機

家電4品は家電リサイクル法が義務

粗大ゴミの定義がわかったところで、注意すべきものがあります。一般家庭にある、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」の家電4品は、家電リサイクル法によって適正な処理が義務付けられています。そのため、粗大ゴミとして処分することができません。

これらの家電を処分する際には、リサイクル料金を支払う必要があるのです。リサイクル料金は、製品メーカーや大きさなどによって異なります。

処分方法は、「家電販売店」「指定引取所」「市区町村の指定業者」の3つ。どの方法も、リサイクル料金と一緒に家電リサイクル券の記入が必要になります。

粗大ゴミの処分方法は?

では次に、家電4品以外の粗大ゴミを処分するにはどうすればいいのでしょうか。今回は自治体、リサイクル業者、不用品回収業者などに分けて見ていきましょう。

自治体

自治体に粗大ゴミの処分を依頼する際には、ゴミ処理券を購入することで回収してもらえます。自治体にもよりますが、電話やインターネットなどで事前予約が必要です。さらに申し込みから実際の回収までに、時間がかかることも。引越しなどで日程が限られている場合、計画的に利用する必要があります。

また、粗大ゴミを家の前やごみ収集場まで持ち出すことが原則になりますので、運べないときは友人や知人に頼ってみましょう。

リサイクル専門業者

家具や家電が汚れや大きな傷がなく、まだ使えるのであれば、リサイクルショップに買取り依頼をしてみましょう。粗大ゴミを処分すると費用が掛かりますが、リサイクルショップに売ることができれば、収入になるので嬉しいですよね。

さらに出張買取りを利用すれば、大きな品物や重いものでも楽に処分できます。一方で、家電製品に関しては決められた年式より古くなると、買取れない可能性があるので注意が必要です。

また品物が非常に古い、故障しているなどの理由から、料金を払って回収になることもあります。こうしたことから、リサイクルショップで事前に見積もりをとっておくことをおすすめします。

不用品回収業者

早急に粗大ゴミを処分したいときは、不用品回収業者へ依頼するとよいでしょう。料金は割高になりますが、回収から運搬まで業者がやってくれるので、大型のものであっても安心です。

しかし不用品回収業者の中には、不当に高額な料金を請求したり、回収したものを不法投棄したりする悪質業者も存在します。業者に依頼する前に、インターネットの口コミなどを参考にし、慎重に選ぶようにしましょう。

ポイントとしては、「古物商許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」を得ているかどうか、確認しておくことです。まれにトラックなどで廃品回収を行っている業者もいますが、悪質業者もいるので注意してください。

買い替えるときは販売店へ相談

家電や家具を買い替えるのであれば、不要品を無料での引き取りや、下取りして値引きしてくれる販売店もあるので検討してみましょう。ただし店によっては、下取り対象となる製品が限られる、状態の悪いものは下取りできないこともありますので、事前に販売店に相談してくださいね。

引越しに伴う家具・家電は引越し業者へ相談

引越しに伴い不要となった家電や家具を、引越業者が有償で引き取ってくれることがあります。引越しと同時に不用品の処分ができるので、手間がさほどかかりません。しかし便利な反面、通常の引越し費用に加えて、処分品の回収費が上乗せされるので、費用面で高額になります。

アプリ・インターネットを利用する

フリマアプリや地元の交流サイトなどで、家電や家具を販売するのも選択肢のひとつです。ひとりで家電や家具を運べなくても、大手宅配業者の中には、梱包から運搬までしてくれるころがあります。デメリットとしては、大型になるほど手数料などが割高になるので、処分よりも費用がかかる可能性があること。
また、傷や不具合など家電や家具に関する情報を細かに記載していないと、トラブルに発展する恐れもありますので、十分に気を付けましょう。

バラバラにしてごみに出す

電化製品は無理でも、組み立て式の家具ならば細かく分解してゴミとして出すことも可能です。その際は、各自治体のゴミの出し方に従い、ルール違反にならないようにしてください。


ひとり暮らしだと、壊れたり、使わなくなったりした家具や電化製品の処分はとても面倒ですよね。特に重いものや高さのあるものは、ひとりで処分するのが難しく、放置してしまう人もいるかもしれません。ですが、不要になったものを、いつまでも部屋に置いておくのは良くありません。

また、不要な荷物が多いと引っ越しのときに余計な料金がかかってしまう可能性も。ぜひ上記で挙げた方法でいらなくなったものを処分しましょう。

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し