部屋に出た虫を近づかずに駆除したい!対処したあとはどうする?




ひとり暮らしで不安な事のひとつが「虫」との闘い…。いくら虫対策をしていても、虫が出て来てしまうことはあります。

何とか殺虫剤などで殺すことはできても、「このあとどうしよう!」 となりますよね。今回は虫にできるだけ近づかずに処理する方法をご紹介します。

※虫の写真やイラストも無理! という人もいると思いますので、虫関係の画像は使っておりませんのでご安心ください。

専用の処理道具

世の中にはムカデやクモなどの虫に触れずに、(できるだけ)視界にも入らないように捨てられる便利な道具があります。

粘着テープでキャッチするもの、マジックハンドのようなもの、毛が開いてムカデやクモなどの虫を包み込むものなど、いくつかタイプがあります。値段も1000円から3000円程度なので、本当に虫が苦手な人はひとつ持っておくと良いかもしれません。

トングや火ばさみ


虫だけでなく、ベランダの排水口にたまった落ち葉やごみも処理できるので、一本置いておくと便利です。ごみ拾いなどに使う柄の長い「火ばさみ」と呼ばれるタイプも良いですね。

ほうき・ちりとり


原始的な方法ですが、直接虫を触りたくないときには一番簡単な方法かもしれません。ささっとほうきでちりとりに入れて、ごみ箱へ。これらは玄関やベランダの掃除にも使えるので一石二鳥です。

掃除機


パイプノズル付きの場合は、できるだけ長いものを使いましょう。紙パックタイプなら吸い込んでそのまま捨てられます。

紙パックタイプでない場合、ストッキングや網状のごみ袋などで吸い込み口を覆って、虫を吸い込みます。そしてごみ袋の上でスイッチを切り、そのまま袋の口を縛ればOK!

※ゴミ袋をしばるときは、虫のうえにティッシュなどを置いて覆う、眼をそらす、焦点をぼかす、などの方法で頑張りましょう…。

ペットボトル


大き目のペットボトルがある場合、カッターなどで底の部分を切り取り、口の部分を持ってスコップのようにすくう方法もあります。

ただ、比較的虫との距離が近く、透明なので見えてしまうのが難点です。対処した虫を拾うときは、上記のゴミ袋を縛るときのように、なるべく見ないようにしつつ一瞬で行いましょう。

<作り方>
①ペットボトルの底をカッターでナナメに切り取る

②切り口がギザギザしているので、ガムテープなどでカバーする(なくてもOK)

③虫をスコップのようにすくう(床の上だと滑ってしまうので、壁際に追い詰めるか、丸めた雑誌などで中に入れるとよい)

以上、虫にできるだけ近づかずに処理する方法をご紹介しました。

虫を無事に処理出来たら、万が一にも復活して出てこないように、ビニール袋に入れて口をしっかり縛っておきましょう。また、虫を処理した箇所もキレイに掃除しておくと安心ですね。

見たくないのはもちろん、ゴキブリなどの虫は危険なウイルスを持っていることもあります。近づくのは嫌ですができるだけ早く、確実に処理しましょう。

意外なアレでゴキブリ退治ができる! 殺虫剤がない時のゴキブリ駆除方法

2017.04.24

一人暮らしでも怖くない!ゴキブリ・コバエが出たときの対処法

2018.07.27

虫嫌いなら絶対にしておきたい!部屋に虫を出さないための対策5つ

2017.08.26

ライター 松葉暁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し