洗面所をキレイに快適に!カビを取る方法と事前に予防するコツとは?




毎日使う洗面所。気づけば洗面台のフチや床などにカビが発生していませんか?そのままにしておくと壁や床が傷みますし、衛生的にも良くありません。

今回は洗面所のカビを取る方法と、カビを事前に防ぐ方法をご紹介します。

洗面所にカビが発生する2つの理由

①温度と湿度が高いから

洗面所は多くの場合、お風呂の隣にあります。お風呂場の温度や湿度がそのまま洗面所に伝わり、カビが発生しやすくなります。

また、洗面所でもお湯を使いますし、洗濯機置き場などが洗面所にある場合、さらに湿度は高くなります。

②カビの栄養となるものがあるから

カビは人の皮脂や垢などを栄養にします。髪をとかしたり、裸足で歩くことの多い洗面所はこうしたカビの栄養源も多く、カビの原因となります。さらにカビは木や紙までも栄養にするため、洗面所の壁紙や床なども標的になってしまうのです。

洗面所のカビを取る2つの方法

①洗剤を使う

洗面台(水をためるボウルやその周り)はお風呂用洗剤を使います。理由は洗面台の汚れも、お風呂の汚れと同じ皮脂、水垢、石鹸カスなどがメインだからです。スプレーしたら数分置いておくと汚れが落ちやすくなります。細かいところは、使い古した歯ブラシを使いましょう。

壁紙やゴムパッキンのカビは、カビ用洗剤を使います。ただ、壁紙の素材によっては色が変色してしまう可能性もあるため、洗剤を使用しても大丈夫かどうか、事前に確認しましょう。

また、掃除をする際には必ず換気をして、肌が弱い人はゴム手袋をつけてください。

②重曹を使う

歯ブラシ、コップなど、口につけるものが多い洗面所。洗剤を使うのは抵抗があるという人にオススメなのが「重曹」。料理にも使われるものなので、安心です。

<使い方>
1)水(200ml)に重曹(大さじ1杯分)を溶かす
2)スプレーボトルに詰め替え、カビが気になる箇所に吹きつける
3)スポンジで汚れを落とす。細かい部分は歯ブラシなどを使う
4)よく絞った雑巾などでふき取る

 

洗面所のカビを事前に予防する3つの方法

①換気する

一番大切なのは湿気をためずに、温度もできるだけ低くしてカビの発生を抑えること。ドアや窓を開けて、換気扇を回しましょう。24時間換気の機能がある人は、ぜひ使ってください。

②こまめに汚れや水をふき取る

毎日何度も使う洗面所ですから、そのたびに汚れもつきます。カビを防ぐために、こまめに掃除をすることが大切です。歯磨きをしながら、髪を乾かしながら、など「ながら掃除」で常にキレイにしておきましょう。

③余計なものは置かない

余計なものが置いてあるとホコリがたまりやすく、掃除がしにくい状態になります。不要なものは捨てたり、ケースなどにまとめたりして、掃除をしやすい状態にしておくのもポイントです。

洗面所のカビを取る方法と事前のカビ予防についてご紹介しました。一人暮らしは掃除もすべて自分でしないといけないので大変ですが、ちょっとしたひと手間で快適でキレイな洗面所をキープできます。きれいな洗面所で気持ちよく生活しましょう。

ライター:松葉暁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し