引越し直前だけど、荷造りが間に合わない!こんな時どうなる?




この春から新生活をスタートする人も多いはず。なかには引越しをする人もいるかもしれませんね。

新しい部屋での生活に胸を躍らせがちですが、その前に引越し作業が大変なことだったりします。では引越し当日に、もし荷造りが終わっていない場合はどうなるのでしょうか?

引越し当日に荷造りが終わらないとどうなる?

実は引越しのトラブル回避のために、国が定めた「標準引越運送約款」というルールが存在します。一部を除き、多くの業者がこの標準引越運送約款をもとに、依頼人と契約を結び業務を行うことになります。

この標準引越運送約款の中には、「引越し当日までに、依頼人が荷造りを行うこと」を明記しているのです。つまり、当日に荷造りが終えていないと、依頼人が契約違反をしてしまうことになります。

では、引越し業者がもうすぐ来るのに、荷造りが終わっていないとい状況になったら、業者さんに手伝ってもらう、作業が終わるまで待ってもらうことなどはできるのでしょうか。引越し当日に荷造りが終えていないと、引越し業者によってまちまちですが、大まかにふたつの対応がなされます。

①追加料金が発生するが荷造りを手伝ってくれる(その日に引越し可能)

引越し業者が荷造りを手伝ってくれますが、プランの変更や追加オプションなどの名称で、追加料金が発生します。8割ほど終わっていたので、無料で残りの荷造りをしてもらったという話もありますが、期待は禁物。基本的に料金がかかることを念頭に置いてください。

②引越し作業の拒否・予定変更を促される(その日に引越しできない)

繁忙期には想定した時間内に終わらないと判断された場合、引越し作業の拒否や、予定の変更を促される場合もあります。引越しが中止になった場合、支払った代金は基本的に払い戻されることはありません。

荷造りが間に合わない時に試したい対処法4つ

荷造りが終わらないからと言っても、引越しの中止や延期は困りますよね。そこで、引越し当日までに何とかして荷造りを終わらせる方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

①引越し業者や便利屋に相談する

引越し業者、便利屋、家事代行サービスなど業者に依頼をしてみましょう。とくに、引越し日の数日前に引越し業者から確認の連絡があると思います。その際に、荷造りが終わっていない旨を伝えると、プランの変更や、人数を増員するなど対処してくれる場合もあるようです。

ただし、引越しシーズンは人手不足により、業者の対応ができないことも考えられますので注意が必要です。また、プランやスタッフの増員にはお金がかかることもあります。

②友人や家族にヘルプを頼む

友人や家族に声をかけて、荷造りを手伝ってもらいましょう。もしかしたら、不用品を貰ってくれるなんてことも。もちろん、あとからランチをごちそうする、飲み会を開くなど、協力してくれた人に感謝の気持ちを伝えるのも忘れずにしておきましょう。

③宅配便の利用も検討する

すべて引越し業者に運んでもらうのは諦めて、宅配便で新居へ送るのもひとつの手です。この場合、荷物の大きさや距離で費用がまちまちですが、引越しの中止や延期よりは良いと割り切りましょう。

④思い切って荷物を処分する

どうしても必要なもの以外は、思い切って処分し新居近くで揃えることで荷造りが楽になります。また、実家からの引越しの際には、当分の間使うものだけを荷造りし、お盆やゴールデンウイークなどの休暇の際に運ぶという方法もありますよ。

レオパレス引越しサービスも検討しよう

あまり知られていませんがレオパレスは、部屋だけではなく引越しサービスも提供しています。レオパレスに住む人だけでなく、誰でも利用できて見積もりは無料です。

さらに、搬入だけのスタンダードから、梱包、搬入、セッティングまで行うプランまで幅広く対応。自分の状況に合わせてベストプランを選べるのが嬉しいですね。

しかも、ダンボールが30個まで無料などの特典も満載。引越し業者で悩んでいるならば、レオパレスの引越しサービスも検討してくださいね。

まとめ

楽しい新生活の前にある、引越し作業。間近になって慌てることがないよう、毎日コツコツと続けるのがよいでしょう。特に、洗面台の下の荷物や下駄箱の靴、冷蔵庫の中身処理などは気を付けたいところ。新居への引越しをスムーズにして、すっきりとした気持ちで新生活をスタートさせましょう。

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し