ひとり暮らしをする際の手順とスケジュール




春から待望の一人暮らし! でもいったい、いつ、何をすればいいの? 初めての一人暮らしはわからないことだらけですよね。
そこで今回は、部屋探しのおおよその期間と手順などの基礎知識をご紹介します。

引っ越しの2~3カ月前にやること

・管理会社(または大家さん)に引っ越すことを伝える

これをしておかないと大変です! いつまで家賃が発生するのかなど、きちんと確認しておきましょう。
基本的には予告してから通常1カ月家賃が発生します。ぎりぎりだと新居と旧居、二重に家賃を払わなければいけないことも。

・家賃の予算・住むエリアを決める

新居は大学や勤務先に通いやすいところで探すことが多いと思いますが、あらかじめ住みたいエリアや予算を決めておくことで物件探しがしやすくなります。ただし、大きなターミナル駅の周辺などは家賃も高いため、数駅離れたところを狙うのもポイントです。

・不要なものを整理する

引っ越しは荷物が多いと料金が高くなります。荷造りを楽にするためにも、出来るだけ早い段階から不用品を処分しておくと楽です。フリマアプリなどでいらないものを売れば、引っ越し費用の足しになるかもしれません。

・希望の物件を探す

インターネットなどで物件情報を見てみましょう。このときに収納、バストイレ、駅からの距離など、自分がゆずれない条件を決めておくとスムーズです。
ちなみに、あまりに早く物件探しを始めても、部屋が空いていなかったり、自分が引っ越すまでに埋まってしまう場合もあるので、部屋探しは早すぎても遅すぎてもいけません。

引っ越しの一カ月前にすること

・不動産屋に行く

希望の物件をいくつか決めたら、その物件を扱っている不動産屋へ行きましょう。自分が希望する物件に空きがない可能性があるので、その場合は同様の条件の物件を探してもらいます。

・内見をする

内見も必ずしておきましょう。内見なしでも契約は可能ですが、実際に住み始めてから問題が発覚することも…。後悔しないよう、部屋と周りの環境はチェックしておくことをオススメします。

・引っ越し日を決める

物件が決まったら引っ越し日を決めます。春や秋で引っ越しをする人が多い時期や、土日などは料金が高くなることも。日程が調整できる人はなるべく安いタイミングに引っ越しを検討してみては?

・引っ越し業者を決める

引っ越し日が決まったら引っ越し業者を決めます。ここで大切なのは初めからひとつに決めないことです。
面倒くさいですが、いくつかの業者に見積もりを依頼して、条件の良いところを選びましょう。会社によっては、複数に見積もりを依頼していることを伝えれば、ほかの引っ越し業者の金額より安くしてくれるかもしれません。

・荷物をまとめ始める

引っ越し業者が決まると、荷造り用の段ボールをくれる場合もあります。これらを使って荷造りを始めましょう。また、ダンボールのほかに、ガムテープ、軍手、マジックペン、カッター、荷造り紐などがあると便利です。

・家具家電を揃える

新しい部屋のサイズに合わせて家具や家電を買います。引っ越してから「家具が入らない!」なんてことがないように、きちんとサイズを測りましょう。家具や家電は引っ越し後に届けてもらうように配送予約するといいです。

引っ越しの1~2週間前

・荷造り

部屋ごとにダンボールを分けて、新居のどこに置くか書いておくと、引っ越し業者の人がわかりやすいです。「衣類」「食器」など、中身を書いておくと荷解きもしやすいでしょう。

また、すぐ使うものは別でまとめておきます。旅行に行くイメージで一泊分の着替えやタオル、化粧水などをバッグにまとめておくと、引っ越し当日に慌てずに済みます。

・電気・ガス・水道・インターネットなどの契約

引っ越し日が決まったら、ライフラインの契約をします。引っ越し当日、電気が使えず真っ暗、なんてことは避けたいですね。また、ガスは新居への引っ越し日の立ち合いが必要で、1週間前にはガス会社に連絡して立会日を決めます。

ちなみに、インターネットの新規契約は接続までに、長くて2週間程度かかるケースもあります。ネットが使えないと不便なので、こちらも早めに確認しておきましょう。

・転出届

もともと住んでいた自治体に転出届を出します。このときに「転出証明書」をもらいますが、引越し後の住所に転入届を提出する際に必要となるのでなくさないようにしましょう。同じ市区町村内で引越す場合は、「転居届」の提出だけで大丈夫です。

・郵便物転送届手続き

元の住所の管轄郵便局に行って手続きをします。書類にはいつから転送希望かも記載できますよ。これをしておくと、1年間無料で郵便物を新しい住所に転送してくれます。

・各種住所変更

役所以外にも携帯電話、免許、保険証、クレジットカード、銀行など、さまざまな住所変更が必要なものがあります。忘れずに住所変更を!

引っ越し当日

・元の部屋の片づけ

これまで住んでいた部屋で、大きな家具などがあって掃除できなかった場所、壁際など、意外にほこりがあります。きちんと掃除をしておきましょう。部屋の清掃状態によって、戻ってくる敷金の金額が変わります。きれいなほうが多く戻ってくる可能性があるので念入りに。

・新居のチェック

部屋の壁や床などに汚れやキズがないか、荷物を運び入れる前に確認しておきましょう。気になる箇所があったら写真を撮っておき、すぐ不動産会社に連絡を入れる必要があります。

・引っ越し作業立ち合い

引越しの荷物を運ぶトラックには家主は乗れないため、別の手段で移動します。遠方からの引っ越しの場合は荷物を運び出す日と、新しい部屋への搬入日が異なる場合があるので注意が必要です。何時に引っ越し屋さんが来るか確認しましょう。

・新居のガス開栓立ち合い

電気と水道は立ち会いが不要ですが、ガスは立ち合いが必要です。間に合うように新居に向かいましょう。

・荷ほどき

ダンボールや家具がどんどん運び込まれると、どこに何があるか分からなくなってしまいます。また、ダンボールの中のものが壊れていた場合は、引っ越し業者に伝えなければいけないので、早めに荷ほどきして破損や紛失が無いかを確認しましょう。

引っ越し後(引っ越し日から14日以内)

・転入届を出す

新しい転入届の手続きは14日以内と定められています。引越し後はいろいろと忙しいと思いますが、14日以内には必ず役所に届け出を出しましょう。ここで前述の「転出証明書」が必要になります。

以上、ひとり暮らしを始める際の手順とスケジュールをまとめました。引っ越しには本当にいろいろな作業があります。
何から手を付ければいいか混乱しがちですが、手順を決めて早め早めに作業をすることでスムーズになりますよ。

ライター:松葉暁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し