一人暮らしに欠かせない!部屋探しで知っておきたいインターネット環境のこと




現代人に欠かせないモノと言えば、インターネットではないでしょうか。スマホやパソコンを使ってネットサーフィンや動画視聴などができるので、特に一人暮らしの人には重宝するものです。

これから部屋を探すのに、一番重視しているのはインターネットの環境という人もいるかもしれませんね。そこで今回は、インターネット環境についてまとめました。

インターネット対応、インターネット完備、インターネット使用料無料…結局どれがいい?

『インターネット対応』『インターネット完備』『インターネット使用料無料』など部屋を探す際、インターネット環境の謳い文句はマチマチ…。
「どれも同じに感じるけれど、違いはなに?」とどれを選んでいいのか、わからない人も多いはず。そこで部屋探しの際によく目にする「インターネット環境」についての違いを見ていきましょう。

・インターネット対応

インターネット対応とは、その建物自体がインターネットの専用回線が備わった物件であることをして示しています。しかしインターネットを使用するには、プロバイダとの契約や自分の部屋まで回線を引き込む工事が必要。もちろん、それにかかる工事費も入居者の負担になります。

※ただし、物件によっては、部屋まで回線が引き込まれている場合も。入居前に、大家さんや管理会社に確認するようにしましょう。

・インターネット完備

インターネット完備は、インターネットの回線工事やプロバイダとの契約が済んでいる状態です。インターネット対応と似ていますが、プロバイダ契約や部屋までの回線工事の必要がありません。LANケーブルとパソコンを繋げば、入居後に部屋でインターネットが利用できます。

・インターネット使用料無料

通常インターネットを使用する際に掛かる通信費が、かからない物件という意味です。月々の料金が不要なのは嬉しいですが、通信速度が遅い、セキュリティ面で不安というデメリットも。加えて、実はインターネット使用料があらかじめ家賃や共有費に反映されている場合もあるので注意が必要です。

Wi-Fi対応物件も検討しよう

街中に多くあるWi-Fiスポット。自分の住む部屋にもあればとても便利ですよね。そんな人向けに最近では、Wi-Fiが付いている部屋も登場しています。自分の部屋でスマホと繋ぐだけで、インターネットを楽しむことができます。

しかも、パソコン、タブレットなどの様々な端末とも接続可能でライフスタイルに合わせた使い方も。また、LANケーブルなどの配線もないので部屋のレイアウトもすっきりします。

インターネットの使用頻度・時間、内容などにあった物件選びを

動画の視聴や音楽の再生、SNSへの投稿など、人によってインターネットの利用の仕方はさまざまです。

使用頻度や時間、使用内容によっては、「インターネット使用料無料」の物件より、初期費用が掛かっても「インターネット完備」の物件の方がいい場合も。コスト面ばかりに目を向けるのでなく、通信速度、セキュリティなどの点も重視することが大切です。

自分がインターネットを何の端末で、何に使用するのか、また、使用頻度や時間はどれぐらいなのかを把握しましょう。その上で、自分のスタイルに合ったインターネット環境の部屋を選んでください。

もちろん、契約前に自分でインターネットの契約や工事が必要なのか?月々の料金はいくらなのか?などを確認することを忘れずにしましょう!

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し