なかなか乾かない冬の外干しを早く乾かすテクニック!




一人暮らしは洗濯も自分でしなければいけません。暖房で汗をかいたり、寒さ対策のために重ね着したり、意外と冬でも洗濯物が多いのではないでしょうか。
しかし、冬は気温が低く日照時間も短いため、洗濯物がなかなか乾かないという悩みもあります。

でも、乾燥機なんて家にはないし、部屋干しはあまりしたくない。そんな悩みを解決する、外干しの洗濯物を早く乾かすテクニックをご紹介します。

脱水時間を長めにする

洗濯物を早く乾かすコツはとにかく水分をなくすこと。脱水時間を少しだけ、いつもより長めにしてみましょう。
ただし、あまりに脱水時間が長いと衣類が傷むだけでなく電気代もかかってしまうので気を付けましょう。

干す前に洗濯物を振る

しっかり脱水したとしても、洗濯物にはまだまだたくさんの水分が。干す前に洗濯物を振ることで、余分な水分を減らせます。
洗濯物をバサバサとしっかり振ることで、シワを減らしたり、生地をふんわりさせたりする効果もありますよ。

干し方を工夫する

一度にたくさん乾かしたいからと言って、洗濯物を重ねたり、ぴったりくっつけて干していませんか?早く洗濯物を乾かすには少しでも多く風を当てることが大切。重ならないように間隔を空けて干しましょう。

長いものと短いもの、厚手のものと薄手のものを交互に干すのも効果的。さらにポケットは外に出す、フードは裏返すなど、細かな工夫でより乾きやすくなります。また、100円ショップにも洗濯を効率的に干すためのさまざまなアイテムが売っているので、ぜひ活用してみてください。

日が暮れる前には取り込む

せっかく工夫した洗濯物も、夜まで干しっぱなしにしていてはヒンヤリしてしまいます。もちろん、一晩干しっぱなしなんてもってのほか! 夜露や霜で濡れてしまいます。日が暮れたら取り込みましょう。

最後に忘れてはいけないポイントがもうひとつ。大量の洗濯物を発生させないためにも、こまめに洗濯をすることも重要です。

冬の外干しで洗濯物を効率的に乾かすためのコツをご紹介しました。なかなか洗濯物が乾かないときには参考にしてみてください。

【ライター名】松葉暁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し