常に冷蔵庫に置いておきたい秋の食材!




食欲の秋。いろいろなものが美味しい季節です。せっかくなら旬の食材を手軽に取り入れてみませんか?今回は冷蔵庫にあると便利な秋の食材を使った簡単レシピをご紹介します。

全て電子レンジやトースターでできちゃいますよ!フライパンや鍋を使わなくてもできるので、料理が苦手な人や、手軽にもう一品作りたい人は挑戦してみてください!

きのこ

しいたけ、しめじ、エリンギ、えのきなど、さまざまな種類があるキノコ類。カロリーが低くて、冷凍保存もできるのでひとり暮らしにおすすめの食材です。冷凍すると旨味がアップしますよ。

また、最近では袋から出してそのまま使えるものもあり、準備や片付けの手間がかからないのもポイント。

電子レンジを使った簡単なしめじのアヒージョ風のレシピをご紹介します。お酒との相性もばっちり。手を抜きたいときは「アヒージョの素」を入れるだけでもOK! また、ボイルエビなどを入れればゴージャスなエビときのこのアヒージョが完成します。

<電子レンジでキノコのアヒージョ風:レシピ>

【材料】

☆しめじ:一袋
☆オリーブオイル:大さじ2
☆チューブにんにく:2㎝ほど
☆塩:小さじ1
・ブラックペッパー:適量
・ハーブソルト(あれば):適量

【作り方】
1)耐熱皿に☆の材料を入れて軽く混ぜる
2)ラップをして電子レンジ(600w)で5分加熱
3)様子を見てきのこに火が通っていなければさらに加熱
4)ブラックペッパー、ハーブソルトを一振りして完成

ナス

「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉もあるほど、昔から秋の味覚として親しまれているナス。ちなみにこの言葉、身体を冷やすナスをお嫁さんが食べないように、という説もあるそうですよ。

ナスは濡らしたふきんやキッチンペーパーに包んで保存すると、傷みにくいですよ。また、切ってしまうと断面が変色してしまうので注意してください。

そのまま炒めても美味しいナスですが、和食の定番である煮びたしにしてみては? とても手軽で素早くできるのでもう一品欲しいときにもおすすめです。めんつゆを使うことで味も決まりますよ。

<電子レンジでナスの煮びたし風:レシピ>

【材料】

・ナス:1本
・ごま油:大さじ1
・めんつゆ:大さじ2
・鰹節:あれば適量
・小口ネギ:あれば適量

【作り方】
1)ナスを乱切りにする
2)1)にごま油、めんつゆを加える
3)ふんわりとラップをして電子レンジ(600w)で5分加熱
4)鰹節やネギを散らすと本格的な出来栄えに(なくても大丈夫)

サツマイモ

秋の味覚といえばサツマイモをイメージする人も多いのでは? サツマイモは新聞紙に包んで冷暗所か野菜室で保存しましょう。切ったさつまいもはラップでぴっちり包んだら野菜室で保存するのがおすすめです。

サツマイモは電子レンジでふかし芋にしたり、オーブントースターで焼き芋にしたりもよいですが、ちょっと手を加えて大学芋風にしてみましょう。揚げないのでヘルシー、おやつにもぴったりです。

<電子レンジで大学芋風:レシピ>

【材料】

・サツマイモ:1本
・砂糖:大さじ2
・はちみつ:大さじ2
・醤油:大さじ1
・みりん:大さじ1
・黒ごま(あれば)

【作り方】
1)サツマイモをひと口サイズに切って10分ほど水にさらす(あく抜き)
2)キッチンペーパーで水気を切る
3)サツマイモと調味料を混ぜる
4)ラップをして電子レンジ(600w)で7分加熱
5)竹串やお箸などを刺してみて固ければさらに過熱
6)火が通ったら混ぜ合わせて完成(黒ゴマを振ってもよし)

秋鮭

栄養たっぷりな鮭はぜひ食生活に取り入れたいもの。美肌効果や脂肪燃焼の効果もあるとされています。年間を通じて食べられる鮭ですが、秋鮭は脂身が少なくさっぱりとした味わい。

余った生鮭は冷凍しておきましょう。一切れに対して小さじ1の酒、塩少々をふります。水分が出てきたらキッチンペーパーで丁寧にふき取ります。一切れずつラップに包み、ジッパー付きの密閉できるビニール袋に入れて冷凍保存しましょう。

トースターでできる鮭のホイル焼きは、キノコ、もやし、カット野菜などを入れればボリュームたっぷりなメイン料理になりますよ。

<オーブントースターで鮭のホイル焼き>

【材料】

・鮭:1切れ
・塩コショウ:少々
・調理酒:小さじ1
・マヨネーズ:大さじ2
・バター:30g
・ポン酢:大さじ1
・好きな野菜(玉ねぎ、キノコ、もやし、キャベツ、パプリカなどがおすすめ):適量

【作り方】
1)鮭に塩コショウ、調理酒を振って下味をつける
2)アルミホイルに鮭を乗せてマヨネーズを塗る
3)バター、野菜を載せてアルミホイルで包む
4)トースターで20分焼く

カボチャ

 

ホクホクのかぼちゃも秋の味覚を代表する食材のひとつ。切った場合は種とワタをきれいに取り除いてラップをして、冷蔵庫の野菜室で保存してください。大体1週間くらいが保存期間の目安です。使いやすい大きさに切ってゆで、熱を冷ましてから密閉できる保存袋に入れて冷凍する方法も。

ひとり暮らしだとカボチャを丸ごとひとつ使い切るのは大変ですが、最近では4分の1サイズに切ったものや、すでに薄くスライスした状態で売られているものも多いです。また冷凍のかぼちゃを使うのも便利ですね。

トースターでできるカボチャのチーズ焼きは、一度電子レンジで加熱することで時短になるだけでなく甘みや水分を逃がしません。

<トースターでカボチャのピザ風チーズ焼き:レシピ>

【材料】

・かぼちゃ:100g(まるごとの1/16ぐらい)
・塩コショウ:少々
・ケチャップ:大さじ2
・チーズ(ピザ用チーズならひとつかみ、とろけるチーズなら2枚)

【作り方】
1)カボチャは5㎜程度の薄切りにする
2)ラップをして3分加熱する
3)アルミホイルの上にカボチャを重ならないように並べる
4)塩コショウを振ってケチャップを塗る(チューブから直接かけると楽)
5)チーズをのせる
6)トースターで5分焼く

まとめ

一人暮らしでも簡単にできる秋の野菜を使ったレシピを紹介しました。レンジやトースターだけでできるので、忙しいときにもおすすめです。ぜひ旬の食材を取り入れて手軽で美味しいご飯を作ってみてくださいね。

ライター:松葉暁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し