節約しながら寒さ対策!




寒さが厳しい季節になってきましたね。お部屋もしっかり寒さ対策をして暖かく過ごしたいですが、ひとり暮らしだと電気代がかさむのも気になるところ。そこで今回は、電気代を節約しながら寒さを防げる対策を紹介します。

隙間風を防ぐテープ

部屋を暖めているはずなのに、なんだか寒い……。実はドアの向こうから隙間風が入ってきているかも? 部屋の扉に手を当ててみて、冷たい空気を感じたら隙間がある可能性大。

ウレタンクッションがついた「隙間防止テープ」を貼りましょう。賃貸の場合、剥がせるタイプや跡が残らないタイプがいいですね。冷たい隙間風を防ぐとともに、温かい空気を逃がさないというメリットもあります。

断熱性の高いマットを敷く

冷たいフローリングに直接座ると身体が冷えてしまいます。カーペットやラグを敷きましょう。お部屋の雰囲気に合うものを選べばおしゃれですね。

さらに100円ショップなども売っているジョイントマットを敷くことで、冷たさが伝わりにくくなります。厚みとクッション性があって座り心地もいいですよ。また、断熱のアルミシートもおすすめ。こちらは薄手なのでカーペットやラグの下に敷いてもでこぼこしにくいです。

ただ、敷きっぱなしにしてしまうとカビなどが発生して、床を傷める原因になるため、ときどき干したりしてください。

首、手首、足首の保温

昔から寒さ対策には「三首を温める」と言います。この三首とは、首、手首、足首のこと。血管が多く集まっているところを温めることで、身体全体の血流をよくします。

首にはネックウォーマーやマフラー、手には長めの手袋(指なしだと便利)アームウォーマー、足には厚手の靴下やレッグウォーマーを装着。これで万全です!

ペットボトルゆたんぽ

家にあるものでゆたんぽを作ることもできます。ホット飲料が入っていたペットボトルや空き缶にお湯を入れて、タオルなどでくるむだけ。キズやへこみがないか事前に確認して、50℃くらいまでのお湯を入れましょう。

上からブランケットをかければ簡易炬燵のようになりますし、夜寝るときに足元に入れておくのもおすすめです。

(関連記事 https://hitorigurashi-lab.com/living/17964

湿度をあげる

空気が乾燥していると寒く感じます。また、風邪などの予防にも部屋の湿度をあげることは大切。加湿器を使わない湿度をあげる方法もあります。

手軽なのは濡れたタオルを干すこと。洗濯物などでもOKです。また、植木などを置いて水やりすることでも湿度をあげることができます。

以上、電気代を節約しながらできる一人暮らしの寒さ対策をご紹介しました。とはいえ、電気代をケチりすぎて体調を崩しては本末転倒。無理のない範囲で工夫しながら冬を乗り切りましょう!

ライター 松葉暁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し