一人暮らしで照明を楽しむ!




誰にも邪魔されずに、自分の空間を作ることができるのが一人暮らしの醍醐味。でも、賃貸の部屋はあれこれ制約があって、部屋をがらりと変えることは難しいですよね。

そんな悩める人に、提案したいのが照明器具を使ったおしゃれな空間作り。照明を少し変えるだけで、劇的におしゃれになるのでチャレンジしてみてくださいね。

主照明を変えてみよう

あらかじめ部屋に付けられたシーリングライト。でもこれって、ちょっと無機質でおしゃれではないですよね。そこで思い切って照明を変えてみましょう。照明が変わると、驚くほど雰囲気が変わるのでおすすめですよ。

ただし、外したシーリングライトは、退去時に元に戻せるように大事に保管してくださいね。

シャンデリア

シャンデリアと聞くと豪華なイメージがありますが、今は一人暮らし用のシンプルなものもたくさん。選ぶ際のポイントは、天井の高さと明るさです。天井が低い部屋の場合、シャンデリアの高さが短めのものをチョイスするとバランスが取れます。

一般的にシャンデリアは明るさが足りないイメージを抱きがちですが、最近では明るいLEDライトを使ったシャンデリアも市販されているので安心してください。

ペンダントライト

ペンダントライトは、天井からコードやチェーンなどで吊るす照明器具をさします。おしゃれで種類やデザインが豊富な一方、シーリングライトなどと比べると灯りの範囲が狭いのが難点です。ペンダントライトのみで暗い場合は、補助照明と兼用するなど工夫をしてみてくださいね。

補助照明を活用しよう 

備え付けのシーリングライトを交換するのは、ちょっと抵抗があるという人も多いと思います。そんな方におすすめなのが、補助照明を使用すること。コンセントを差すだけで使えるものもあるので、部屋のイメージに合わせて選ぶようにしましょう。

スタンドライト

床に立てるだけで簡単に設置できるので、特に一人暮らしの女性には、ぴったりなスタンドライト。数多く販売されていますが、選ぶ際には高さに注意してください。デザインだけで選ぶと、お店では小さく見えたのに、実際の部屋では大きかったということも。

購入時には自分の部屋の床から天井までの高さを把握し、スタンドライトを置いたときにどのようになるかを想像しながら選ぶようにしましょう。

スポットライト

ピンポイントで一か所を照らすスポットライト。例えば、照らしたい壁にかけた写真や、棚に置いたお気に入りの小物などに照明を当てればおしゃれです。最近ではライトひとつだけでなく、複数がついているタイプが人気で多く販売されています。

部屋のどこの位置にライトを当てるとおしゃれなのか、工夫しながらベストポジションを見つけてくださいね。

LEDキャンドル

今は100円ショップでも手に入るLEDキャンドル。使いかたひとつで、雰囲気のある部屋に。そのままLEDキャンドルを使用してもいいのですが、空き瓶を使用してランタンのようにしてもおしゃれです。

容易に入手可能でアレンジもできるので、DIYして自分だけのオリジナルライトを作るなんてこともできちゃいますよ。

まとめ

一人暮らしを始めたのに、部屋が単調で殺風景なんてもったいない! まずは照明から部屋の雰囲気を変えていきましょう。どんな空間で生活したいのか、想像しながら自分の部屋にマッチした照明器具を選んでくださいね。

【ライター名】唐沢 未夢






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し