布団とベッドはどっちがいい?




睡眠障害の問題や質の高い睡眠が重要視されるなど、寝ることは健康な生活を送るために重要な要素です。

一人暮らしでは、寝る環境について「布団を敷く」、または「ベッドを設置する」という選択肢がありますよね。それぞれの長所短所について、さまざまな角度から調べてみました。

日々の片付け&用意

布団

布団の場合は毎日起きたらたたみ、寝る前には敷く必要があります。敷きっぱなしの「万年床」にすると、特に梅雨時期はカビが発生するので気を付けましょう。

ベッド

ベッドの場合はたたむ必要はなく、忙しい朝でもそのままにしても大丈夫。また寝たい時はいつでもすぐに横になれるというメリットもあります。ただ、布団と同様に定期的に毛布や掛布団は干したり、シーツを変えたりする必要があります。

設置のしやすさ

布団

布団はたたんだり、形を変えたりできるので、自由に好きな場所に敷くことができるというメリットがあります。狭い通路やドアもたためば通ることができますね。

ベッド

一方ベッドを設置する際には、搬入や組み立ての手間がかかります。特に高層階や間口が狭い部屋の場合は一苦労です。また一旦設置した後で部屋の模様替えをする場合、ベッドがスペースを取っている分、布団より大変になることが多いようです。

スペースの有効活用

布団

布団の場合、たたんだり、押し入れに収納したりすることで、日々の生活の場を広げることができます。ただし、押し入れにはあらかじめ布団を収納するスペースの確保が必要ですね。

ベッド

高さのあるベッドの場合、ベッドの下に引き出しの設置や、空間があることが多いです。そのため収納スペースとしての活用ができます。ただし経験上、この空間の掃除はなかなか面倒でサボりがちになるので、放置しないよう気をつけてくださいね。

ソファーベッドという選択肢も

最近ではソファーをベッドとして使う人も増えています。普段は座る場、就寝時はベッドとTPOに応じて使い分けることで、部屋のスペースを活用できるといえるでしょう。

体への負担

布団

布団の場合、ベッドのマットレスとは違って、気軽に外干しができます。ただし、上げ下ろしは意外と重たいので、負担に感じる人もいるかもしれません。埃アレルギーが激しい人は注意も必要です。

ベッド

ベッドの場合は高さがあるので、特に膝を痛めているかたなど、起きてから立ち上がるのがラクというメリットがあります。ただし、寝相が悪い人は落下するリスクもあるのでご注意を。

まとめ

布団、ベッドそれぞれに長所と短所があり、どちらがよいかはライフスタイルによって異なってきます。特に、日々の作業を少なくしたいか、部屋の広さを重視したいかは、大きなチェックポイントかもしれません。

睡眠は人生の3分の1を費やす場とも言われています。折角ならば、より快適な環境で疲れを癒すことができるよう、自分に合ったものを吟味して選びたいですね!

【ライター名】高柳優






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し