ポイントを抑えて、もう2度と散らからない片付け術!




整理収納コンサルタントの須藤昌子です。事あるごとに、きれいにしたくて、片付けをするけれど、結局、元に戻ってしまう!というのはみんなの共通の悩みなのかもしれません。今回は、その悩みを解決する方法をご紹介します。

【2度と散らからない片付け術】

使うところに使うものを置く

ドライヤーを洗面所で使うのに、リビングが置き場所だったらどうでしょうか?

使うたびに、ドライヤーを持ち歩くのは手間がかかり、いつしかドライヤーは洗面所に置きっぱなしになってしまうでしょう。使ったら元あった場所へ戻すと決めていても、「忙しい」「面倒臭い」といった理由で、元に戻らなくなってしまいます。

取り出すときは、「使いたい」という気持ちから必死で取り出しますが、使い終わった後は適当になってしまいがち。結果、使った後に元の場所へ戻らないものが増えてきて、散らかりへつながってしまいます。

おしゃれ優先ではなく、使いやすさ優先収納

真っ白な収納ケースが並んでいる棚は、とても素敵に見えます。でも見た目ばかりを重視してしまうと日常的に使いづらかったり、むしろ使うのが面倒くさい収納に変わってしまうこともあります。収納がリバウンドしないためには、取り出しやすさに気を付けてみてください。

棚から引き出して取り出す場合は、簡単に欲しいものが手に取れます。

でも、扉を開ける。

中の収納ケースを引き出す。

欲しいものを取り出す。
どちらが楽かといえば、前者ですよね。取り出しを面倒にしないことが、リバウンドしない収納のポイントになります。

スペースづくりは重要

ケースにぎゅうぎゅうに詰め込んだ中から何かを取り出すときも、ものすごく労力が必要になります。

お隣にあるものまで、一緒に飛び出してきてしまうこともあるかもしれません。
そして取り出すときに大変ならば、入れる時にも大変。
そうなると、また、リバウンドしてしまう可能性が出てきてしまいます。リバウンドしないためには、面倒に感じないことが大事だと思います。そう感じないため有効なのは、「余白」を作ること。

空間があれば、出し入れに労力は必要ありません。

まとめ

いかがでしたか?収納するには、余白を作ることに気を付けて、取り出しやすい収納ケースを使い、使う場所に使うものを置くことです。
たったこの3つの事を守るだけで、リバウンドしない収納にすることが出来ます。

ぜひ、ポイントに気をつけて片付けをしてみてくださいね!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し