秋の夜長をゆっくり楽しむための秋らしいインテリアにするコツ




整理収納コンサルタントの須藤昌子です。

過ごしやすくなる秋には、本を読んだり、好きな映画を観たりと、ゆっくりお部屋でくつろぐことが出来るといいですよね。ホッとできる秋のお部屋を作るためには、どんなことをしたらいいのか?簡単にできる方法をご紹介します。

グリーンを変身させる

いつも置いていた緑色のアートグリーン(造花のグリーン)。このままでも、十分きれいなのです。

少し、紅葉したイメージのグリーンを置くだけで、秋の雰囲気に変化します。

もっと、茶色に傾いた色合いのグリーンを飾ると、お部屋の雰囲気もよりシックに変化します。

棚に置くグリーン一つで、お部屋全体のイメージをガラッと変えることが出来るので、ぜひ、やってみてほしいと思います。

秋の催しを意識する

来月10月のハロウィンに向けたグッズが、早々と手に入りますので、そういったものを使って、秋の雰囲気を先取りすることもできます。秋というと、赤やオレンジ、黄色を意識しますが、モノトーンを使った秋のフルーツやお野菜のオブジェなどを飾っても、素敵な秋の雰囲気を味わうことが出来るお部屋に仕上がります。

ドライの実モノを置いてみる

100均のお店にも売られているドライにした秋の実物。こんなものを、棚やテーブルに、散らすだけでも、秋を感じるお部屋が出来上がります。

リネンを変えてみる

秋らしい色合いのモノや厚手のモノ、モコモコの生地などを使ったクッションカバーなどを使って、ソファーをイメージチェンジすることもおすすめです。

夏のソファーから

秋を感じるソファーへ変身しました。こちらも、簡単にお部屋の雰囲気をガラッと変えることが出来るコツです。季節ごとに、飾るモノやリネン類を変えることで、季節を楽しむこともできますし、自分のお部屋がより居心地の良いものへと変わっていくと思います。

いかがでしたか?お部屋のイメージを変えるのは、ほんの1つ、2つの事を変えたり、加えたりするだけで簡単にできるのです。ぜひ、秋の雰囲気のものを使って、ゆっくりとくつろげるお部屋にしていただけたらと思います。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し