ハッカ油でさわやかに夏を乗り超えるアイディア4選[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.64]




こんにちは、DIYクリエイターの夏目です。
湿気の多いこの季節、少しでもさわやかに過ごしたいですね。

体にやさしいナチュラルなハッカ油ですっきりリフレッシュできることをご存じですか?
今日は、一人暮らしでも取り入れやすい簡単な方法のみご紹介してみたいと思います。

ハッカ油とは?

ハッカ油とは、ハッカソウというミントを乾燥させて抽出した植物油のことです。
薬局で、800円から1000円程度で販売しています。
とてもすっきりさわやかな香りで、とてもいろいろなシーンで使うことができます。
食品添加物として販売されていますので、安心安全です。

一滴でかなりすっきりした香りを楽しむことができるので、小さな瓶でもなかなかなくなる気配がありません。

お風呂でリフレッシュ

バスタブにほんの一滴たらすだけ。
一番簡単な方法です。

一人暮らしのおうちのバスタブなら一滴で十分だと思います。
さわやかな香りが広がり、暑くて眠れない夜の体感温度を下げてくれる手伝いをしてくれます!
暑い日にはたまにやっていますが、ほんとうにスーっとして涼しい気分になりますよ。

おうちまるごとおそうじ

水道水以外のお水(水道水はハッカ油の成分を分解してしまうためおすすめしません)にハッカ油を数滴いれたスプレーを作ります。

床掃除のときに使ってみてください。
スーッとした気持ちの良い香りとともに、虫の嫌いな香りなので、虫よけ効果も期待できます!

水の代わりに炭酸水を使うと、鏡やガラスの掃除にとっても便利です。
重曹やクエン酸のスプレーにも混ぜることができますので、お部屋のあちこちがきれいになりますよ。

おそうじスプレーは使い切れる分だけ作ることをお勧めします!

虫よけ効果も

虫よけしたいときには、重曹に数滴たらして気になる場所に置いてみるのも良いです。

ハッカ油を混ぜた重曹をキッチンの気になる場所に。
キッチンシンクの下などでは重曹が湿気をとってくれて、ハッカ油の虫よけ効果も期待できます。
玄関など虫の入りやすい場所に置くのも効果的です。

クローゼットなどにも

ハッカ油を数滴混ぜた重曹をお茶パックに入れて、空気を通す袋に入れます。
今回はクラフト袋を使ってみました。

シールでかわいくデコレーションしたら

湿気のこもりがちなクローゼットや靴箱にもこれでさわやかに湿気対策&虫よけ対策ができます。
ただハッカ油の効果はそんなに長くはないので、香りがなくなったな。。と思ったら
こまめにハッカ油をたらしてあげると良いですよ。
香りを楽しむためなら、コットンに薄めたハッカ油をスプレーしてハンカチで包んで入れておいても。
引き出しを開けた時にメントールのスッとした香りに気持ちがリフレッシュしますよ!

注意したいこと

ハッカ油のスプレーを作る際は、ポリスチレン(PS)素材のものは避けましょう。
ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン製(PE)、ポリエチレンテレフタレート(PET)であればOKです。
わからないときはガラス製品を使うと良いと思います。

また、猫を飼っているおうちでは使えません。
犬は虫よけなどにも使えますので大丈夫です。

一滴でも香りが強いので、少しずつ試して、使いすぎに注意しましょう。

まとめ

今回は簡単に使える方法のみご紹介しました。
香りや効能が気に入ったら、水+無水エタノールか消毒用エタノールにハッカ油を一緒に混ぜた虫よけスプレーなども作れますので
ぜひ試してみてくださいね。

収納/DIY アイディアを綴らせていただいています。
なつめの手仕事日記
blog http://natsumekan.blog.jp/
Instaglam @natsume777
FACEBOOK なつめの手仕事日記






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し