梅雨の湿気対策!簡単にお部屋を守れる湿気撃退術




じめじめ嫌な季節がやってきましたね。

暑さと湿気で、体はもちろん、家の中のコンディションも良くありません。

日中は仕事のため、窓を開けて換気しておくこともできず、いつ雨が降り出すのか不安で毎日部屋干し。

そういった方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

今回は湿気によってダメージの多い場所の簡単な湿気対策や、ちょっと心がけるだけで気持ちよく過ごせる方法をご紹介したいと思います。

では早速ご紹介していきましょう!

カビ対策には天井を狙う!

冬の間姿を現さなかったカビ。

気温が上昇し、湿度が高くなることで、目に見えなかったカビが姿を現します。

特に天井は要注意!

お風呂上がりには水気をよく拭き取り、除菌スプレーを天井にシュシュっとしておきましょう!

天井からあちこちに胞子をばら撒いているカビ。

毎日のルーティンにすることでカビ対策をしておきましょう。

換気扇はON!

お風呂上がりは必ず換気扇をONにしておきます。

室内を乾燥させるのはもちろん、カビは湿気と空気の流れがない場所が大好き。

電気代の節約も大切ですが、特に窓のないお風呂の場合換気扇が大きな役割を果たしてくれています。

ちょっとしたことですが、日中換気ができない部屋には効果的だと思いますよ。

靴と靴の間は空けておく

湿気によるカビが心配な場所。

それは靴箱です。

狭い空間なので湿度がこもり、空気が動きにくい場所。

できるだけたくさんの靴を収納したいと思ってしまいますが、そこはぐっと我慢!

なるべく靴と靴の間隔を空けて、風通しをよくする工夫をします。

扉のある靴箱の場合は、定期的に扉を開け、サーキュレーターや扇風機などで風を流してあげるのもおすすめ!

大きなシューズクロークの場合は、除湿機とサーキュレーターなどの家電をうまく取り入れて湿気対策をするのも良いですね。

履いた靴をすぐに靴箱に戻さない

玄関に靴を出しっぱなしにしたくない!という理由ですぐに靴箱に収納するのはNG!

外気や体からの熱で蒸れている靴。

そのまま靴箱に収納したら、湿気やニオイの原因にもなります。

そこで、

「私は1日履いた靴は1日休める」

を心がけています。

大切な靴を長く愛用できるし、湿気対策にもなるので一石二鳥ですよ。

朝の10分でも換気を行う

日中換気ができない方は、朝の10分換気がおすすめ!

帰宅後の夕方は日中から急に温度が下がり、それに伴い湿度も上がります。

帰宅後に換気をすることで湿気を室内に招いてしまうことも!

少しだけ早起きして天気の良い日には朝換気をするようにしています。

今回は簡単にできる梅雨の湿気対策をご紹介しました。

ちょっとしたことで気持ちよく暮らせるので、是非参考にして頂けたら嬉しいです。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し