大学生の一人暮らしのメリットとデメリットを徹底比較! 憧れのキャンパスライフを!




学生になり、一人暮らしを始めた学生さんも多いことでしょう。親から離れて自由に生活できる一方、風邪をひいたときや、朝起きる際など不便なこともいっぱい……。今回は、一人暮らしのメリットとデメリットをまとめました。

一人暮らしのメリットは?

念願の一人暮らしは、自由で楽しいというイメージを抱く人も多いはず。実際のところはどうなのでしょうか?

自立できる

実家だとつい甘えてしまうものですが、一人暮らしではそうはいきません。毎日ご飯を作る、ゴミ出しをする、掃除をするなど一通りの家事は自分ですることになります。

最初は慣れなかった料理や掃除なども徐々に覚えてきて、1年もすれば楽々こなせるようになっていくはず。一人暮らしを通して、自立心が身に付き、人間的にも成長できるひとも多いようです。

親のありがたみを実感できる

最近、一人暮らしを始めたばかりの学生さんは、今までいかに親に頼って生きてきたのかを痛感し「親のありがたみ」を実感したのではないでしょうか。親のありがたみを実感したならばぜひ感謝の言葉を。母の日や父の日、両親の結婚記念日に、普段は恥ずかしくて言えない「ありがとう」を伝えるだけで、両親は喜んでくれるはずです。

通学時間の節約

大学近辺で一人暮らしを始めれば、通学にも非常に楽です。例えば、寝坊してもキャンパスが近くにあれば間に合うこともありますし、帰宅もすぐなので放課後の時間もたっぷりです。

さらに授業と授業の合間やお昼休みに、帰宅して休憩できるなどのメリットも。また忘れ物に気づいてもすぐに取りに行けるなんてこともできちゃいますよ。

自由に過ごせる

親と同居していると、夜遅く帰宅したり、昼まで寝ていたり、友人と出かけるのに行先や帰宅時間を告げる必要があるなどと不自由なことも多いもの。

しかし一人暮らしだと、深夜の帰宅やいつまでも寝ていられるなど自由に過ごせます。親の監視下から解放され自由を謳歌できるのが一人暮らしの醍醐味です。

友達や恋人を呼べる

親と同居だと、呼びづらいのが友達や恋人です。悪いことをしているわけではないけれど、他人を呼ぶのに気兼ねしてしまうこともあるはず。

一人暮らしだと、友達を呼んで餃子パーティーやお泊り勉強会も気兼ねなく行えます。また、記念日や自宅デートなどで、誰にも邪魔されず恋人と過ごすこともできますね。

一人暮らしのデメリットってなに?

ここまで一人暮らしのメリットを見てきましたが、デメリットはどんなことでしょうか?

だらしない生活になる可能性がある

一人暮らし当初は、頑張って料理や掃除などをしていたけれど、しだいに適当になってしまうパターンがあるようです。さらに誰にも起こされないのでぎりぎりまで寝ていて、洋服やメイクなどが手抜きになり、スッピンにマスクで講義を受けるなんていう女子学生もいるかもしれませんね。

だらしない生活は、一度陥ると抜け出せなくなるもの。毎日少しずつでも部屋を片付ける、早起きしてメイクをするなど継続できるよう工夫をしてみてくださいね。

健康管理ができないこともある

一人暮らしで辛いのが体調が悪くなることです。野菜を取らない栄養の偏った食事や、つい羽目を外して遊びすぎて風邪をひいてしまうなど、健康管理ができないことも。病気やケガになってしまっては、病院への通院や療養中の食事の用意など大変になるので、健康管理はしっかりと行いたいものです。

家事などが面倒

一人暮らしでは大学の講義にサークル活動やアルバイトが忙しく、家事が面倒になることも。ただでさえ面倒な掃除や、洗濯が億劫になるのはわかりますが、いざ友達や好きな人が遊びに来た際に、家の中が散らかっていると恥ずかしいですよね。

掃除が面倒なら部屋に物を増やさない、洗濯が苦手なら洗うものを最低限にするなど工夫をしてみてください。

お金がかかる

一人暮らしには家賃以外にも、光熱費、通信費などお金がかかります。また、大学では授業料以外にも教科書代や、サークル活動費など出費がある場合も。親からの仕送りとアルバイト代では、生活費がカツカツという人も多いはず。

実家暮らしならば、お金を家族に融通してもらうなどできますが、一人暮らしでできません。食費や交際費を削り、何とか捻出して乗り切るしかないのです。

寂しくなったり、防犯的に不安

自由を謳歌できると、喜んで一人暮らしを始めたものの、家では話す相手がいなくて寂しくなるときがあります。家族との何気ない会話で、癒されていたのだと実感する人も多いのでしょう。また、一人暮らしでは防犯面で不安になることも。二重ロックや窓に内鍵を付けたりと防犯対策を怠らないでくださいね。

一人暮らしには、自由になれるというメリットがあります。しかしその一方、お金がかかる、防犯上のリスクがあるというデメリットも。しかし、デメリットは工夫次第で対策することができます。例えば、金銭面では賄い食付きの飲食店でアルバイトをして食費を浮かす、ドアにダミーの鍵を付け防犯対策するなどです。

インターネットなどで調べると、一人暮らしのための健康管理や節約術、防犯対策の情報が出ているので、参考にするのもよいでしょう。一人暮らしのデメリットと上手に付き合い、自由で楽しく有意義な時間を過ごしていきましょう。

 






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し