誰も教えてくれなかった!正しい洗濯ネットの使い方




あなたは洗濯ネットを使っていますか?下着やストッキングなどデリケートな衣類や、シワが気になる衣類を洗うときに使っている人も多いと思います。意外と知らない洗濯ネットの選び方や使い方を見ていきましょう。

洗濯ネット1枚に衣類1枚が基本

洗濯ネットの大きな目的は、衣類を洗濯ダメージから守ることです。その他、スパンコールやホックなどのついたものが、他の衣類にダメージを与えるのも防ぎます。

その一方で、洗濯ネットに入れると汚れが落ちにくくなるのも事実。洗濯ネットに洗濯物を多く入れるほど、洗浄力が低下することもわかっています。でもシャツなどは、洗濯ネットに入れて洗うとシワがつきにくくなり、アイロンがけが楽になるのでぜひ使いたいところ。

そこで、洗濯ネット1枚に入れる衣類は1枚にしましょう。また、衣類の大きさに対して、大きすぎる洗濯ネットを使うと、中で衣類が偏ってシワの原因になります。大きすぎないネットを使うことも重要です。

洗濯ネットの種類

目が細かい洗濯ネットがオススメの衣類は

洗濯ネットはサイズの大小の他に、ネットの目の細かさにも違いがあります。目が細かいほど、衣類を守ってくれますが、汚れの落ち方も弱くなります。スパンコールやビジューのついているものを洗うときは、ネットの網目に引っかからないように目が細いものを選ぶと良いでしょう。

そして、目が細かい洗濯ネットで洗濯すると、他の衣類の糸くずや毛羽がつきにくくなるのです。黒いTシャツを洗濯したとき、一緒に洗ったタオルの毛羽がついてしまって、せっかくのTシャツが白っぽくなってしまった経験ありませんか? こんなガッカリことにならないために、色の濃い衣類は目の細い洗濯ネットに入れて洗ってみましょう。

専用ネットを使う

今は衣類に合わせた専用ネットがたくさんあります。シャツ用は袖を通すところがあり、偏りを防いでくれるので、シワや型崩れに効果あり。パンツ、スラックス用は縦が長くなっていて、ネットごと畳んだり、丸めたりできます。ニット用は水流から守るためにネットそのものが厚手になっているなど、種類に合わせて工夫してあるものをうまく取り入れてみてはいかがでしょうか。

洗濯ネットを使えば、カーテンや布団も洗える?

「洗濯可能」なカーテンや布団に限りますが、専用ネットを使って洗濯機で洗うことができます。ホコリやダニも洗い流せるので清潔ですよね。

ただし、洗濯機が小さいと洗うことができないので注意してください(5kg以下は注意)。そんな時はコインランドリーを使うのも手です。クリーニングに出すより経済的なので、カーテンや布団を買う時は表示を見て、一緒に専用ネットも購入しておくといいかもしれません。

 洗濯ネットの保管方法

使い終わった洗濯ネットは、洗濯物と一緒に干しておきましょう。濡れたままにしているとカビが生えることも。

あれこれ洗濯ネットを揃えたら、洗濯機のそばに収納スペースを確保しましょう。カゴやアンティークバケツに入れる収納もおしゃれです。

また最近は、おしゃれなロゴやイラスト入りの洗濯ネットも増えているので、ピンチで吊るして見せる収納もいいかもしれません。大きさ別や目の細かさ別に分けるなど、すぐに使えるようにしておきましょう。

洗濯ネットも使いこなそうとすると奥が深いですが、まずは自分の持っている衣類の種類や、洗濯機を使う頻度に合わせて、揃えてみましょう。うまく使えば、アイロンの手間を省いたり、クリーニング代を節約したり、衣類を長持ちさせたりすることができますよ。

【ライター名】前田郁






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し