自炊初心者に送る食中毒防止!まな板や調理器具の正しい除菌方法とお手入れ方法




気温が上がってくると、気になるのが食中毒。食中毒は菌やウイルスが原因です。そのため、食中毒防止の三原則は菌やウイルスを「つけない」「増やさない」「やっつける」。今回はこのうちの「つけない」に注目して、まな板を始めとする台所用品の正しい除菌方法やお手入れ方法を紹介します。

日々のお手入れ

食中毒防止には「手を洗う」こと、これが基本中の基本です。その上で、調理器具や台所用品については「使ったら洗う」ことが大切。すぐ洗うことで菌などの繁殖を防ぎます。また食器や調理器具を洗ったら、最後に流しも必ず洗ってください。では、それぞれの台所用品のお手入れ方法を紹介します。

まな板

使ったら洗剤を使ってしっかりこすり洗いすること。肉や魚を切った後は、洗剤で洗った後に熱湯をかけて殺菌するのも効果的。そのとき注意して欲しいのが、熱湯をかける“前”にこすり洗いすることです。なぜなら、まな板に肉や血が付いたところに熱湯をかけると、たんぱく質が凝固してしまい、まな板の傷に入り込むとかき出し辛くなるからです。

包丁

柄と刃が一体になっているものはいいのですが、木やプラスチックの握りが付いているものは、付け根部分に汚れが残りやすいので、ブラシなどを使って念入りに洗いましょう。まな板同様、熱湯で殺菌するのも効果的です。

ふきん

一日で一枚使って洗うのが基本。殺菌のためには日光に当てて乾燥させるのが理想です。一人暮らしでは難しいかもしれませんが、生乾きに注意したり、数を多めに用意したりして、清潔なものを使うようにしましょう。

スポンジ

使ったらよくすすいで、乾かします。紐を通して風通しの良いところにぶら下げるのがいいのですが、狭いキッチンなら、フックを付けたり、接地面を少なくするためにワイヤーのスポンジホルダーなどを利用したりするなど、工夫してみてください。

一週間に一度のお手入れ

本来なら毎日やりたい「殺菌消毒」ですが、忙しいのでなかなか難しいと思います。せめて一週間に一度は、時間を作ってお手入れしましょう。

まな板

漂白剤を使ってつけおきします。つけおき時間は漂白剤の使用上の注意をよく読んでください。もし、つけおき用の大きな桶がなくても、ビニール袋でもつけおきできます。また、スプレータイプで塗布するだけのものもあります。それから、木製まな板に漂白剤を使用することについては賛否あります。まな板を使い始める前に注意書きを確認するか、買うときにお店の人に相談してみてください。

ふきん

漂白剤につけおきします。それでもくすみが気になるようになったら、新しいものと交換しましょう。

スポンジ

スポンジの除菌方法は、まな板のように熱湯をかける方法のほか、レンジで加熱する方法もあります。また、ふきんのように漂白剤につける方法も。しかし、スポンジの素材は高温にはあまり強くないので、劣化してしまいます。漂白剤も使用するとスポンジが劣化してしまうのです。そのため、スポンジは「消耗品」と割り切って、しっかり洗って除菌して3~4週間で新しいものに交換しましょう。

調理上の注意

調理上の器具の使い方で気をつけたいのが、「まな板」の扱い方です。

使う前には水で濡らす

まな板は使う前に水で濡らします。肉や魚の血をまな板が吸い込んでしまうのを防ぐためです。また水に濡れることで抗菌作用を発生する抗菌剤配合のまな板もあります。

野菜サラダは先に作る

まずは生で口に入れるもの、野菜サラダなどから調理します。肉や魚を先に切りたい場合は、そのまな板で生食用の野菜を切る前に、きれいに洗い流して熱湯をかけてください。余裕があれば、まな板は肉用、魚用、野菜用と使い分けるのが効果的。包丁も用途別に用意するのが理想ですが、一人暮らしでは難しいと思うので、別のものを切るたびにしっかり洗いましょう。

卵に注意

生の卵をまな板にのせていませんか? 卵の殻にはサルモネラ菌などが付着していることがあるので、扱いには注意が必要。卵の殻はすぐに捨てること、卵を触った手はすぐに洗うことが大切です。卵の調理に使った器具は洗った後に熱湯をかけると安心です。

今回は台所用品の除菌方法などを紹介しましたが、食中毒を防ぐには、食品の扱い方や調理法なども重要です。忙しいと後片付けがおろそかになりがちですが、「使ったら洗う」ことを心がけて、自炊ライフを楽しんでください。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し