窮屈に感じてない?お部屋をシンプル化させるための「それいらないかも」




整理収納コンサルタントの須藤昌子です。

一人暮らしのお部屋は、皆さんにとって、お城。そんなお城は、いつお友達が来ても、心配ない状態で迎えたいはず。

そうするためには、余分なものはない方がいいはずですし、モノが少ないことで、お掃除もまめにすることが出来ます。

いつでも、どんなときでも「いってもいい?」と言われたら、「いいよ」っと即答できる、そんなお部屋にするために、\それなくてもいいかも!/と思うものをご紹介します。

それなくてもいいかも!とアドバイスしたいもの

①キッチンマット

キッチンマットは、あると床に汚れが直接つかないことや冷えを防ぐこともできるグッズではありますが、あることで、マットが動いてしまったり、汚れたら洗わないといけないし、やることも増えます。

だったら、無くてもいいかもしれません。なければ、お部屋の全体掃除の一部として、するするっとフローリングワイパーを滑らせれば、お掃除も完了します。すると、お掃除も楽に済ませることが出来ます。

②洗い桶・三角コーナー・水切り籠

我が家は、キッチンに何も置いていません。おかげで、お掃除がものすご~く楽にできます。

野菜を切ったりしたら、切りかすが出るから、「三角コーナーを置かなきゃ」と思いがちですが、その時だけ置く形にすれば、三角コーナーのお掃除からも解放されます。

使った食器を水にしたして、汚れを落としやすくする、そんなためにある「洗い桶」。こちらも、使った食器に、ささっと水をかけて置けば、汚れのこびりつきを防ぐことが出来ます。

水切りかごも、水をきちんと拭き取らないと、不衛生になりがちです。だったら、なくしてしまえば、かごのお掃除からも解放されます。 洗った食器類は、吸水性クロス(100均などでも売られています)などを使って、「その時だけ」取り出して、キッチンのに置くことで、キッチンは広く使うことが出来ますし、お掃除も楽に済みます。

③収納グッズ

片づけたい!と思うと、たいてい思いつくのが、収納グッズを買おう!ということ。でも、収納グッズがあることで、モノはどんどん増えていき、自分の持ち物を忘れてしまうのです。

また、ぎゅうぎゅうに棚に置いた収納グッズも、取り出しやすさを失わせてしまいます。

すると、取り出すのが面倒になり、収納グッズにモノが戻らないという現象が起こります。

収納グッズを置くならば、グッズとグッズの感覚をあけておくくらいの余裕をもちましょう。 また、収納用品を買おう思ったら、まず、持ち物で、減らすことが出来るものを見つけ出し、今ある収納に収まるように努力してみましょう。

収納用品が増えると、お部屋も狭くなりますし、その上にはほこりもたまりがちになります。すると、お掃除に手間が増えることにもなります。

いかがでしたか?

あって当たり前と思っているものは、結構たくさんあるのですが、本当に必要なものは、そんなにないもの。何かを買おう!と思ったときには、無くても何とかなるものかどうか?を考えてから、おうちに迎え入れるようにしましょう。そうすることで、面倒と感じるお掃除も減ることになりますし、掃除が減れば、自分の趣味の時間やくつろげる時間が増えてきます。

また、モノが少なければ、整えることも楽になります。結果、いつでもお友達を呼べて、自分自身も気持ちよく過ごせるお部屋になると思います。 まず、買おう!と思ったら、ぜひ、本当に必要?と問うてみてください。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し