新生活に身に付けたい!お掃除ルーティン化でいつでもきれいに保つ習慣




整理収納アドバイザーの須藤昌子です。

忙しい毎日で、お掃除に手が回らず、気づいたら、汚れがこびりついている!なんてこと、よくあります。

でも、そうなると、せっかく新品だった電化製品もあったいう間に、年季の入った電化製品に変わって見えます。そして、使うのも、気が進まない状態になってしまうこともあります。そうならないためにも、お勧めのお掃除のルーティン化をご紹介します。

おふろあがりのひと拭き

お風呂は、水分をそのままにしておくと、いつしか、カビの宝庫になってしまうこともあります。ですから、お風呂から上がったら、雑巾でひと拭き。

もっと簡単なのは、スクイージで水切りをすることで、カビの予防になります。

電子レンジ使った後のひと拭き

使ったら、さっと台ふきなどで拭いておけば、汚れがこびりつくことなく、きれいな状態で維持することが出来ます。

「あとで」とすると忘れてしまうこともありますので、使った後は、蒸気の湿気などを利用して、しっかり拭きとることをお勧めします。

窓の結露もほっとかない

外気との温度差で生じる結露。そのままにしておくと、カビだらけになってしまいます。こちらも、気づいたらさっとひと拭きしておきましょう。 そうするだけで、窓もきれいに保てますし、カビも生えにくい状態に維持することが出来ます。

お掃除は、嫌いな人も多いのですが、それは、汚れをため込んだ結果、お掃除が大変になるからというのが理由の一つかと思います。だから使ったら、汚れたら、さっとお掃除することが出来ると、お掃除もわざわざする必要もなくなるので、お掃除が好きになるかもしれません。

いかがでしたか?お掃除が、気づいたら、使った後にすぐ、ちょこちょこしてあげることで、面倒になることもなく、きれいな状態を維持することが出来ますよ。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し