コーヒーフィルターで手作り加湿器を作って冬の乾燥を撃退!その効果を検証してみた




部屋の湿度を測ってみよう

dsc09598
自販の温度・湿度計を買ってきて、机の横に設置してみます。

置いたときの湿度は55パーセントで、まずまずといったところ。気温や昼夜の変化で湿度が下がらないよう、ここから手作り加湿器で湿度を保ちたいものです。

さっそく、さきほど作ったものを置いて1〜2時間待ってみます。

dsc08924

2時間後の様子です。部屋の温度は変わっていないものの、湿度が55パーセントから70パーセント程度まで上昇したことがわかります。すぐ横に置いているため効果が出やすい面もあるかもしれませんが、効果が出ていますね!

なお、その後もほとんど湿度は下がることはなく、常に60〜70パーセント前後を保ってくれました。
手軽に適切な湿度を保てるのは、素晴らしいですね。

実験を行った日はそれほど乾燥が気にならなかったのですが、これからの季節はさらに湿度が下がるのでさらにおすすめです。

手軽に作れるので、いくつか作って部屋のいろいろな所に置いてもいいかもしれないですね!

およそ2週間でカラカラに!

dsc09600
水の取り換えのめやすですが、2週間ほど経過すると写真のように水がなくなり、またフィルターの先がすこし茶色く濁ってきます。毎日数ミリ程度の水が加湿に役立っていることがわかりますね。

水が乾いてきたら、フィルターも取り換えて、水を入れ替えましょう。

手軽なコーヒーフィルター加湿器で、健康を保とう!

kashitsukitop
いかがでしたか? コーヒーフィルターで手作りするものでも、一定の効果が出せることがわかりました。

上の写真では、コーヒーフィルターで作った加湿器の他に市販のキットで作ったものを飾っていみました。市販のものはさらにインテリアとしても可愛くなりそうです。

手作り加湿器を上手に使って、空気の乾燥する冬を乗り切りましょう!

エアコンの乾燥対策!すぐできるちょっとオシャレな乾燥対策

2019.01.17






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し