中山少年の【のり弁くん】第七話「お鍋で炊飯チャレンジ!」




〜物語のまとめ〜【お米が大好き!】

この物語の主人公、のり弁くんは白いご飯が大好きなんです♪
ところがそんなのり弁くんに悲劇が…!

長年頑張って働いてくれていた、炊飯器が壊れてしまったのです…

「麺類やパンもよいけれど、やっぱり白いご飯を思いっ切りかきこみたい!」
そんな思いを胸に、いつもの弁当屋のおばちゃんに相談してみると…

『お鍋でご飯を炊いてみたらいいじゃない』

お米は炊飯器でしか炊けないと思っていたのり弁くんはビックリ!
おばちゃんオススメの気になるお鍋で、お米を炊く方法は以下の通りです!

弁当屋のおばちゃん
1. お米を洗う・水につける
お米は洗ってざるに上げて、軽く水けをきってから鍋に入れたら、分量の水を加えて浸します!

※浸漬時間の目安は、夏は30分、冬は約1時間!
(帰宅後すぐに炊飯したい場合は、朝から浸しておいてもOKです)

2. お米を炊く
鍋にふたをして中火にかけ、10分かけて沸騰させます!
沸騰したら弱火にして15~20分加熱し、火を止めて約10分蒸らします。

※炊きはじめから沸騰するまでの「10分」がポイント!
点火時の火加減を10分前後で沸騰するように調節するのが、ふっくら甘味のあるごはんを炊く秘訣です!

火力を中火〜強火にして何回か炊いてみて、10分で沸騰する火加減を見つけてみください。
蒸気が出るのを確認し、きちんと沸騰させるのがおいしく炊くコツです。

最後まで読んで頂いたあなた(^^)
「私もやってみようかな〜」って気持ちが生まれたのではないでしょうか…!
ぜひ、この記事を見ながらお試しあれ〜!

もしお鍋炊飯にハマってしまったとしても、のり弁くんのように服の袖にカピカピのご飯粒を付けないように、気を付けて下さいね!笑 ^^






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し