OODAループとPDCAサイクルは何が違う?ビジネスシーンで知っておきたい基礎知識




「計画を立て、目標通りに業務を遂行しているはずなのに、結果が伴わない」「前提や環境の変化が早くて対応についていけないことが多い」こんな悩みはありませんか?変化の早い今の時代に適した意思決定プロセス「OODAループ」に注目が集まっています。

これまで「PDCAサイクル」を意識して自己と組織の成長に取り組んできた人が知っておくべき「OODAループ」についての基礎知識を紹介します。

OODAループとは?その概要と活用シーンの例

OODA(ウーダ)ループは、以下の単語の頭文字からできた言葉です。

Observe(観察)
Orient(認知)
Decide(判断)
Act(行動)
Loop(改善)

OODA(ウーダ)ループとは、「意思決定プロセス理論」の一種で、刻々と変化する状況を冷静に観察し、情勢を把握、方向性を決定し行動に移す。そしてその4つのステップを改善しながら、できるだけ早いサイクルで回数を重ねていくという「意思決定プロセス」であり「思考法」です。

元々、アメリカ空軍のジョン・ボイド大佐が退役後に「能力的に劣る戦闘機がいかにして敵軍を上回る撃墜戦果を収めたか」を研究し、一般化したことがOODAループのはじまりでした。日本国内でも、防衛大学から航空自衛隊を経て、現在は防衛研究所の研究者の柳田修氏がOODAループの軍事理論専門家として論文を発表しています。

OODAループの活用事例

OODAループが業務の中で効力を発揮するのは、変化する環境のなかでも目的に向かって臨機応変な対応を求められるときです。

例えば、業界や企業規模を問わず発生する「マニュアル外のお客様対応」についての指針が挙げられます。「マニュアル外」の対応をマニュアル化するには限界があり、マニュアル化することによる硬直化・業務増大・予算増加などのデメリットが増えることも否定できません。

その一方、マニュアル外のお客様対応を一切認めない場合は顧客満足度の低下を招きます。マニュアル外の対応を完全に現場スタッフに任せてしまうことで、不公平感やトラブルを発生させるリスクもあります。

「お客様満足度の向上」という大きな目的のために、個別のケースをどのように対応するか、現場のスタッフがその都度適切な行動がとれるように意思統一をすることで、マニュアルのデメリットを解消できます。

つまり、OODAループは「複数の人間がその場に応じて組織の目的に沿った行動をとる」ための思考訓練なのです。

OODAループとPDCAサイクルの違い

前提としてOODAループとPDCAサイクルは、平行して比較検討されるべきものではありません。それぞれを一言で説明した場合、以下のようになります。

・OODAループ=意思決定プロセスの一種
・PDCAサイクル=品質管理の改善方法論の一種であり、管理(マネジメント)の手順をサイクルで表現したもの

OODAループとPDCAサイクルの2つはそもそもの成り立ちから異なることに注意が必要です。

PDCAサイクルの成り立ちは、工業製品を安定して生産・管理するために継続して改善し続けるための手法でした。まず「計画」があり、その計画と乖離している部分を見つけ、計画に沿うように改善するための「手順」を示したものです。

それが、工業製品の生産管理だけでなく、経営管理や営業管理など、規格外・想定外のことが多く起こるはずの「人間的な要素」が強い場面にも用いられるようになります。最近では就職活動をする一般の学生が「部活動においてPDCAを回してきました」と自己PRするほど、一般的に認知されているといえます。

「改善」と「4文字の頭文字をとった表現」という2点において共通点があるPDCAサイクルですが、OODAループはその上位互換になるものということではありません。

OODAループが注目される背景「VUCAの時代」

OODAループについて、今注目が集まっているのは「VUCA」と名づけられた、これまで体験したことのない時代背景の変化があるからです。

VUCAとは、4つの単語の頭文字をとった「あらゆる環境が変化し続け、今後の予測が難しい状態」を指す言葉です。

V = Volatility(変動性)
U = Uncertainty(不確実性)
C = Complexity(複雑性)
A = Ambiguity(曖昧性)

これまでの「PDCAサイクル」による改善手法では、はじめの「P(プラン)」を練っている段階で、すでに計画と前提となる環境が変わってしまうリスクがあります。PDCAが一巡する前に、計画が役に立たないものとなってしまえば、いくらPDCAサイクルを回しても何の意味もありません。

組織のトップだけではなく、スタッフ一人ひとりが現場の判断で臨機応変に組織の目的を達成する行動を決定していく思考は、まさに「環境の変化」を乗り切るためのヒントとなるでしょう。

OODAループとあわせて知っておきたい関連用語

OODAループをより深く学びたい方に、あわせて知っていただきたい関連用語をピックアップして紹介します。

ドクトリン(doctrine)

作戦や戦闘にあたる上での、基本的な運用思想・原則を指します。OODAループを学ぶ上で、その出発点となった戦闘教義の用語に関する知識があると、より理解が進みます。

アジャイル(Agile)

「すばやい」「俊敏な」という意味の英単語で、転じて「システム開発の工程を小さく繰り返すことで、仕様や設計の変更を柔軟に対応しようとするソフトウェア開発手法」を意味するIT用語です。さらにそこから「アジャイル経営」「アジャイル思考」など、応用的に使われるようになっています。

アウトカム(outcome)

「転帰」「成果」と訳される英単語で、マーケティング用語としては「アウトプット(成果物)」がもたらす「新たに生まれた本質的な価値や望ましい状況への変化」を意味します。「新製品=アウトプット」を出したところ、「サブスク会員が120%増加=アウトカム」した、という関係性です。

ガントチャート(Gantt chart)

プロジェクトや生産工程を視覚的に管理するための表(グラフ)のことです。プロジェクトマネジメントを学ぶ際のツールのひとつとして使われます。

まとめ

問題・課題が明確に存在し、その問題を解決するには長い時間と綿密な計画が必要である……このような前提が変化すると、目標と計画に従って行動していたのに良い結果が生じないことも当然の結果です。

PDCAサイクルもOODAループも、その導入の目的は「評価すること」ではなく「状況の改善」「最もよい選択の結果」であることに違いはありません。組織と人材育成に良い循環をもたらす理論を学び続け、実践を繰り返してみませんか。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し