世代の違い「ジェネレーション・ギャップ」がモチベーションに影響する背景とは?【前半】




「部下のモチベーションを高めようと声をかけているが、今一つ反応が悪くて……。」
上司のこんな悩みを聞くことはありませんか?何に対してやりがいを感じ、モチベーションが高まるか、は人によって異なります。

その背景には個人が成長してきた時代が影響します。各世代の時代背景と、それぞれの世代が何にやりがいを感じるか、モチベーションの源泉を探るヒントを考えてみました。まずは時代ごとの特徴を見てみましょう。

さまざまなマーケティングに使われる「世代」はどのように決まるの?

世代とは、一定の年齢層を区切った集団を特徴付けたネーミングです。戦後日本でネーミングされたのがいわゆる「団塊世代」です。この「団塊世代」の命名をしたのが、評論家の堺屋太一氏です。

それ以降も時代背景によって数年ごとにネーミングされており、日本国内だけでなく、海外でもその国ごとに特徴づけられた世代分類があります。

世代ごとの命名は、その時々の出版物などから認知され、広まります。ただし、法的に定義づけられたものではありません。世代の区切り方やネーミングには諸説あり、今回はそのなかでも分類が細かいものをピックアップしています。

2021年に生きる各世代の特徴とその世代が経験した出来事(団塊世代〜ポスト団塊ジュニア世代/氷河期世代)

それぞれの世代が、価値観を育む20代前半までの間にどのような出来事を経験したかを確認しながら、その世代の特徴を見ていきましょう。

団塊世代

生まれ:1947年頃~1949年頃
2021年現在:74歳~72歳前後

【団塊世代の特徴】
いわゆる戦後の「第一次ベビーブーム」と重なって登場する世代です。この世代の出生数はなんと3年間で約800万人。ほかの世代と比較して常に最も大きなボリュームゾーンの世代となってきました。消費ターゲットとして、常に中心的存在であったといえるでしょう。

【20代前半までにあった主な出来事】
・「三種の神器」白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の普及
・日本初の高速道路開業
・ザ・ビートルズ来日

【共有する価値観】
「成長」「新しいもの」「急激に生活環境が良くなる」という環境で過ごしてきました。努力をすればするだけ結果を得られると信じていて、しっかり計画を立てて豊かな生活を築き、家族や仲間と共有することで喜びを感じる傾向にあります。また、「流行」や「新しいもの」に惹かれるのも団塊世代の特徴ではないでしょうか。

ポパイ・JJ世代

生まれ:1952年頃~1960年頃
2021年現在:69歳~61歳前後

【ポパイ・JJ世代の特徴】
就職を目前にオイルショックの影響で景気が悪くなったり、大学入学直前に学生運動が下火になったりと、無力感を感じる出来事が重なったことで政治に無関心となっていく傾向が強くなったといわれています。また、「団塊世代」と「ポパイ・JJ世代」の世代に挟まれた人々を「しらけ世代」と呼ぶこともあります。

【20代前半までにあった大きな出来事】
・「3C」カラーテレビ・カー・クーラーの普及
・3億円事件
・東大安田講堂攻防戦
・第一次オイルショック

【共有する価値観】
「集団」よりも「個人」に志向が向き始め、社会に対して冷めている傾向があります。一方で、文化的には「新しい消費スタイル」が次々に花開いた時代でもあり、いわゆるニューミュージックやオタク第一世代に代表される世代でもあります。

新人類世代

生まれ:1961年頃~1964年頃
2021年現在:60歳~57歳前後

【新人類世代の特徴】
1980年代につくられた世代分類で、当時の若者を「従来と異なった感性や価値観を持っている」とみなして名づけられました。社会の一員として従来通りの責任を引き受けることを拒否する一方、明るく・軽いノリが好まれ「ネクラ・ネアカ」という言葉が流行しました。

【20代前半までにあった大きな出来事】
・新東京国際空港(成田国際空港)開港
・共通一次試験スタート
・東北新幹線・上越新幹線開業

【共有する価値観】
組織への順応性が高いのが、昭和感が強く出ている部分といえます。面白いこと、明るいことが好きで、「努力をすれば結果はついてくる」という成功体験も持っている世代です。

バブル世代

生まれ:1965年頃~1969年頃
2021年現在:56歳~52歳前後

【バブル世代の特徴】
1980年代後半から1992年ごろにかけてのいわゆる「バブル景気」時に就職活動をした世代を指します。終身雇用制を前提とした大量採用世代ともいえます。

【20代前半までにあった大きな出来事】
・JR民営化
・昭和天皇崩御

【共有する価値観】
見た目にお金をかけることが好きで、人よりも優れたもの、よりステータスがあるものを求めます。男女雇用機会均等法が施行され、男女平等と理解しつつも、男らしさ・女らしさを重視する感覚も強く残る世代ではないでしょうか。

ジェネレーションX

生まれ:1960年頃~1980年頃
2021年現在:61歳~55歳前後

【ジェネレーションXの特徴】
バブル世代とポスト団塊ジュニア世代/氷河期世代がまたがった年齢幅の広い世代です。漫画やゲームに慣れ親しんで育った世代。「楽しそうなものはとりあえず購入しておく」感覚で、自分の好きなものを生活に取り入れていきます。「ジェネレーションX」は、もともとアメリカで呼ばれた世代分類名でもあります。

【20代前半までにあった大きな出来事】
・消費税3%導入
・山手線駅終日禁煙へ

【共有する価値観】
仕事と私生活のバランスが取れていることを重視します。経済が右肩下がりの局面に入り始めたため「一生懸命に取り組めばよい結果が生まれる」とは信じず少し冷めています。コストパフォーマンスや効率を重視するので、ブランドは重視しない傾向にあります。

ポスト団塊ジュニア世代/氷河期世代

生まれ:1977年~1983年頃
2021年現在:44歳~38歳前後

【ポスト団塊ジュニア世代/氷河期世代の特徴】
団塊世代からポパイ・JJ世代の子ども世代であるポスト団塊ジュニア世代。「失われた20年」と言われる長い不景気の時期を過ごし、いわゆる「就職超氷河期」を経験した氷河期世代とも呼ばれます。

【20代前半までにあった大きな出来事】
・Windows95発売
・消費税5%
・大卒求人倍率0.99倍過去最低を記録

【共有する価値観】
自己責任論が染みつき、同じ世代でも超氷河期を乗り切って、自己投資すべきと考える層と、諦め感を強く持つ層に分断されています。また、バブル崩壊後でもあり、消費に対して堅実です。

まとめ

時代の背景が異なれば、価値観が異なることは当然のことです。「自分と異なる価値観を持っている人が多くいる」ということを知っているだけでも、相手の価値観に少しでも歩み寄れるのではないでしょうか。

後半ではミレニアル世代、Z世代の特徴と、異なる価値観を持つ人との違いをどのように乗り越え、一体感のあるモチベーションを醸成するか、について考えていきます。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し