万が一は明日起こる? きちんと確認しておくべき災害対策




地震、台風、洪水、津波などのニュースが度々報じられていますね。日本は世界的にみても自然災害が多い国。いつ、どこで発生するか予期できない為、事前の準備や対処法を知る事が大切です。災害対策の知識がすでにある人は再確認。「いつかやろう」と後回しにしていた人は、この機会にはじめましょう。

災害についてよく知ろう!

pixta_9954600_M
日本の災害対策基本法から抜粋すると「暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩れ、土石流、高潮、地震、津波、噴火、地滑り」が自然災害とされています。人間は21世紀の技術力を持っていながら、未だ自然災害の発生自体を防ぐ術を持っていません。私たちにできることは発生してしまった災害から身を守ることだけです。
地域によって発生しやすいものは異なりますが、万が一の場合を考えると、さまざまな状況の対策を知っておく事が重要です。

あなたの命を救う災害対策:一般的な対策編

pixta_18327033_M
非常に多くの自然災害があるため、すべてに完璧な対策を講ずるのは難しいかもしれません。そこで、自然災害全般に有効な対策をまとめてご紹介します。

【鉄則】必要最低限の備蓄と非常持ち出し品としてリュックサックを準備しておく

□飲料水:一人1日3リットルを目安に、3日分
□食料品:3日分
□貴重品
□救急用品
□ヘルメット、防災ずきん
□マスク
□軍手
□懐中電灯
□衣類
□下着
□毛布、タオル
□携帯ラジオ、予備電池
□使い捨てカイロ
□ウェットティッシュ
□洗面用具
□カセットコンロ

【鉄則】安否の確認方法を話し合っておく

災害が起きると携帯の回線は繋がりにくくなります。家族で安否確認の方法や集合場所などを話し合っておきましょう。災害用伝言ダイアル(171)や災害用伝言板などのサービスも利用も有効です。

【鉄則】注意報や警報には従う

東日本大震災で津波によって亡くなった方の中には、津波警報が出たにも関わらずその目で確認しようと海に向かったという方がいたそうです。大雨などの警報が発令された時「さほど重要でない用事だけど外出した」ということはありませんか?注意報や警報は根拠を伴った確実なものですから、きっちり従って身を守りましょう。
(参考)政府広報オンライン

あなたの命を救う災害対策:地震対策編

自然災害の中でも特に怖いのが地震。対策をしていない場合、被害が非常に大きくなってしまいます。ここでは、地震特有の災害知識・対策を紹介します。

【鉄則】地震対策アイテムを設置する

□転倒防止器具
□突っ張り棒
□滑り止めシート・ジェル
□ガラス飛散防止フィルム
□耐震ラッチ(扉開放ロック)
□壁面固定アイテム
□耐震ベルト

pixta_7874575_M
大きな家具が倒れてきたりガラスが降ってきたりすると無事ではすみません。大きな家具や食器棚には地震対策アイテムを設置しておきましょう。数千円で命が守れると思えばやすいものです。

【鉄則】火の始末・消火を最優先にする

地震の二次災害で最も怖いのは火災による二次災害です。地震だけなら助かった命まで失われることもあります。何よりも優先して火を消しましょう。また、避難する際にブレーカーを落とすのも忘れずに!

【鉄則】パニックにならない

地下鉄や高層ビルにいる場合、不安に駆られすぐにでも脱出したいという気持ちになりますよね。ただしそれは周りにいる人たちも同じ。パニックになり全員が押しかけてしまえば、将棋倒しという二次災害を引き起こしかねません。昨今の高層ビルは防災対策を施されているものがほとんどですから、落ち着いて冷静に避難してくださいね。

自然災害は恐ろしいものです。しかし対策をして知識をつけておけばその被害は最小限ですませることができます。ぜひこの機会に防災対策をしてみてくださいね。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し