え?もう1部屋ある!? 狭い部屋を広く見せるインテリアの選び方と小技5つ

Shot of a yout room with a living room combined with sleeping area

一人暮らし向けの部屋の場合、そうそう広い所はあまり無いですよね。

でも出来るだけ広く見せたいと思いませんか?

ちょっとした工夫でワンルームでも「奥にもう一部屋あるのかも」と思わせるようなインテリア選びや配置のコツをご紹介します。

基本は「背の低い家具を置く」事!

目の錯覚を利用する前にまず本来ある空間を活かすことを考えましょう。

その為には、
*無駄な家具(物)は置かない
*背の低い家具を選び、家具で壁面を覆い尽くさない

の2点が基本となります。

壁一面が覆われていると(特にそれが本棚やクローゼットなどのしっかりした物であれば)圧迫感を感じ、実際の空間よりも狭く感じてしまいます。

では具体的にどの様な物を選ぶと良いかを説明していきます。

収納用家具も背の低い物に

Wooden chest of drawers

部屋に備え付けのクローゼットが無かったりそれだけでは足りない場合、追加で収納用の家具などを購入しなければなりません。

その際には
*ローチェスト
*(ベッド利用者は)ベッドの下に入る高さのプラスチックボックス

を選ぶと良いでしょう。

小さめの物なら売っている百均ショップもあります。フタ付きの優れモノもあったりします。ベッド下の空間をただ遊ばせておかず収納BOX置き場として利用するだけでも室内は随分スッキリしますよ!

また、ロフト付きの部屋に住んでいる人の場合、収納品は全てロフトに置くと言う手もあります。
その分階下の部分が全て自由空間になるので、開放感バツグン!レイアウトもしやすくなります。

ソファーよりも座椅子

Fotolia_33466152_Subscription_Monthly_M
床に直接座るのはイマドキ落ち着きませんよね。かと言ってテーブルと椅子のセットは場所を取る割にはリラックスできなかったり…。

そんな時は、ソファーの代わりに座椅子を買うことをおすすめします!

クッションもいらないし、モノによりますが折畳式であれば使わない時は伸ばして立て掛けておく等のオプション使いも出来るので便利ですよ!
最近はパステルカラーやモノトーンのオシャレで座り心地の良い座椅子も沢山あるのでお気に入りの物を探してみてはいかかでしょう?

見た目よりも機能や座り心地・サイズ・値段等を重視して選び、別に座椅子カバー用の布を購入すれば、汚れてもすぐに洗えるし数種類用意しておくと季節や気分によってカバー布を変えるだけで簡単に部屋のイメチェンが出来てしまいます。

アジアン雑貨店などで売っているマルチカバーに使えるようなサイズの物でも千円程度から売っているので、ローテーブルのテーブルクロス用に使う物と色違いで揃えたりするのもステキですね。

「無地の布」を壁に張ると・・・

出来ればカーテンのようにゆったりした布が理想的ですが、壁一面を覆う事が出来る布であればカーテンでなくとも構いません。

チェストなどで遮られている部分以外をその布で覆うことにより部屋に奥行きが出るように感じられます。
「このカーテンの向こうにもう1部屋あるのかも…」と言う目の錯覚が起きるのです。出来ればローチェストを置く前に一面に布を張り巡らせるのがベストです。

居住空間を分ける

Fotolia_80001194_Subscription_Monthly_M
ワンルームにベッドを置いている場合、キッチン等のスペースとの間にパーテーション(仕切り)を置くのも、別空間感覚を出せるのでオススメです。

部屋の雰囲気に合わせて布製の柔らかい感じで仕切ってみるのも良いでしょう。壁を覆う布と同じ物だとより良いです。

木製や竹製のパーテーションもエスニック調でステキですね!

「そこまでのスペースも予算もない…」という方は少し頑張って大きめの観葉植物を部屋の入り口からベッドが見えない場所に配置する、と言う手もあります。

これだと部屋にグリーンがある事によってリラクゼーション効果も出るし、オシャレ部屋にも見えるのでかなり重宝しますよ!

「統一感」と「ポイントカラー」を忘れずに!

Shot of a bedroom interior with a single bed and colorful shelf
今回ご紹介した内容の中で気に掛けて欲しい点があります。それは全体の統一感です。

チェストの色と座椅子カバーの色・壁布のカラーなどがバラバラだとせっかく広く部屋を見せようとしているのにかえってゴチャゴチャした印象になってしまいその効果が得られません。

なるべく「ベージュ系ならベージュ系、モノトーンならモノトーン」とテーマカラーを決めてください。

その上で例えば「座椅子とローテーブルに掛ける布は別色(部屋全体が淡いカラーなら濃い目の色、逆の場合は淡い色が良いです)」にしてポイントカラーにすることで視線がそこに行きやすくなり、その分他の空間を広く感じるようになるのです。

ベッド隠しに観葉植物を利用した場合はポイントカラーもグリーン系がオススメです。

季節の変わり目に模様替えを考えている人も是非参考にしてみてくださいね!

この記事をシェア!