イラストの世界が現実に? かわいすぎるイラストレーター五島夕夏さんのお部屋の秘密を覗いてきた!

五島さん002

こんにちは。ライターのオオサワです。

ご好評いただいている「一人暮らしのお家訪問シリーズ」ですが、今回はなんと可愛すぎるイラストレーターとして注目を集める五島夕夏(ごとうゆうか)さんの家に訪問させてもらいました!!(五島さんもかわいいし、イラストもかわいい)

普段からお家で仕事をすることが多いという五島さん。InstagramやTwitterで、たまに写り込んでいるお部屋の写真では、かわいい雑貨が溢れているのがわかります。

ということで、今回は五島さんのお部屋の、かわいいポイントをご紹介していきます!早速お部屋に訪問しますよ。

「おじゃまします」

五島夕夏001

五島夕夏01人物紹介:五島 夕夏さん
フリーランスのイラストレータの五島さん。
学校を卒業してからフリーで活躍している。一人暮らし歴は9ヶ月。
可愛すぎるTwitterはこちら:@goto_yuuka


五島さん
こんにちは!どうぞっ。

もともと、サロンモデルもしていたという五島さん。北欧の雰囲気が好きということからか、ご本人も北欧っぽい(?)雰囲気のかわいさ。

・背筋の伸びる、ものの少ないお部屋づくり

さっそくお部屋に案内してもらいました。

五島夕夏03

お部屋に入ると、まずに目につくのが青い壁紙。反対側は木目調の壁紙になっています。

そして、北欧雑貨をなどかわいらしい雑貨がいたるところにあるものの、生活感のある物は全く目につきません。取材日はドイツのお仕事から帰ったばかりということで、なおさらシンプルなお部屋でした。

五島さん
部屋のテイストはシンプルめに。北欧雑貨や、あったかみのある雰囲気にしています。

五島さんのイメージにピッタリなお部屋の内装。実は、この内装、以前働いていた美容室のオーナーがインテリアコーディネートを手伝ってくれたとのこと。

五島さん
初めての一人暮らしだったので、内装とインテリアは手伝ってもらいました。

五島さんは一人暮らしのイメージ、希望などを伝えて、家具やインテリアの手配は手伝ってもらったそうです。

その時のお願いしたイメージは、
・自分の絵のイメージの部屋の中に、且つちょっとあたたかみのある北欧チックの部屋。
・家で仕事をするための、くつろぎすぎず背筋が伸びる、物があまりない部屋

と伝えたそうです。

五島さん
壁紙も内装を手伝ってもらった人にイメージを伝え選んでもらいました。とても気に入ってます。

ひとり暮らしLabを運営するレオパレス21でも壁紙は変更できますが、ここまでおしゃれに変えている人はすごいですね。。レオパレス21の壁紙カスタマイズも見てみてくださいね。

部屋のテイストはどれ?一人暮らしの壁紙をオシャレにカスタマイズ

2016.01.07

・自分の描くイラストの世界観をお部屋に

五島夕夏33

部屋には五島さんが自ら手がけたイラストがたくさん飾られています。

五島夕夏10

アップにするとこういう感じ。後ろの青い壁紙にとてもマッチしていて、まるで展示会みたいですね。

五島夕夏25

棚には北欧テイストの雑貨や、大好きだという絵本が並べられています。

五島夕夏12

本棚にもかわいい本が多く並んでいます。

五島夕夏15

絵本は、壁にも飾られています。

五島さん
もともと絵本作家になりたくて、イラストレーターの勉強をしました。なので、絵本は大好きですね。

五島さんの絵本、読んでみたいです。

五島夕夏20

「これもっ。」と、五島さんが指差しているのは、彼女が一番お気に入りだというロシアの絵本。

…読者の皆さんは、気づきましたか?実は壁のインテリアは、すべて釘を打ち付けてかけているんです。

五島さん
釘は、敷金返ってこなくていいから打たせて!ってお願いして打ちました。敷金は初期投資だと思っています。自分のしたい部屋にできないほうがストレスだなと思うので。

たしかに、釘が打てるとインテリアの幅も広がりますね〜。壁に垂らすインテリアの活用もお部屋おしゃれ上級者、っていう感じです。

・お部屋はくつろげる場所 兼 作業場

五島夕夏お部屋全体

作業場として使うことも多いという、このお部屋は、内装のイメージどおり「背筋の伸びる、ものの少ない部屋」を意識しているのだとか。いつもこの場所の座って作業することが多いそうです。

五島夕夏22

仕事スペースと普段使いの机も分けていないため、机の上には絵の具のあとも。

五島さん
もう、この机は汚していいって決めてるんです! 内装手伝ってくれた人には残念がられたけど(笑)

とはいっても、かわいい雑貨やインテリアもたくさん。イラストレーターとして、その世界観が現れている部屋で作業するとひらめきもあるのかもしれないですね。

生活感がないというよりはむしろ、仕事場としての心地よさを大切にしているみたいです。

五島夕夏11

絵本、お皿、ペンなども綺麗に並べられています。

一人暮らしのお部屋で撮っているとは思えない、雰囲気が出ます。
五島夕夏05

お話を聞いている時、ずっと気になっていた、五島さんの後ろにある三線も、ちょっと引いてもらいました。
五島夕夏

五島さん
これは、沖縄旅行の時に、三味線を手作りする企画で作ったものです。弾き方を1曲教えてもらったんですけど、もう弾けない…(笑)
五島夕夏24

一人暮らしは自由に、好きなものを買って、好きなものを置ける場所。五島さんのお部屋にはこだわりと思いが詰まっていてとてもいい空間でした。

▼まとめ

五島夕夏23

ありがとうございました!ちなみに、五島さんは自炊、家事なども順調(得意料理は和食。鯖の味噌煮がうまいらしい。)で、一人暮らしは幸せそう。

ということで、最後に一人暮らしの悩みも聞くと。。

五島さん
シンプルな部屋を心がけてるからか、以前も部屋で撮影があったときに、スタッフの男性から「ここまで興奮しない家は初めてだ」と言われてしまいました(笑)

どうしたら、色気のある部屋になりますかね?(笑)

と回答をいただきました。かわいい悩みですね。。

ですが本人曰く「絵を書いてるときに幸せな気持ちになれる」お部屋づくりには、とても幸せな雰囲気が漂っていて、うらやましいと感じました。

本日はありがとうございました!

連載予告

充実な一人暮らし生活をしている五島さん。実は、ライターとしても活動中! ということで、ひとり暮らしLabでも、「五島夕夏の #一人暮らしをチラ見せ 」をテーマに一人暮らしの楽しみ方を紹介していただきます!連載記事は近日公開予定! お楽しみに♫

五島さんの情報はこちらから。
・Twitter:@goto_yuuka
・Instagram:g.yuuka.illust
・グッズはこちらで買える:http://creators-tree.tokyo/products/?maker_id=2

この記事をシェア!