吊るすインテリアでおしゃれ部屋を作ろう!気軽に試せる吊るす系インテリアアイデア10選

pixta_3139956_S

みなさん、部屋に「吊るすインテリア」はありますか?

吊るすインテリアと言われてもピンとこない方が多いかもしれません。「吊るすインテリア」というのは、部屋の天井や壁から吊るす、言葉のとおり「吊るすインテリア」です。

部屋が「シーン」としている方、家具は揃っているのに、なぜかパッとしない部屋に住んでいる方、朗報です。吊るすインテリアを活用すれば、部屋の空気、雰囲気をまるっと変えて、自分の作りたい印象にすることができますよ。

それでは、吊るす系インテリアアイデアを10件ご紹介していきます。

▼天井に吊るす

まずはオーソドックスな、天井に吊るす方法。天井に吊るすことで空間の印象をがらっと変えることができます。

1.ガーランド

パーティー 準備

三角の布を紐でつなげたような飾りが、ガーランド。ガーランドを天井に付けておくだけで、華やかな印象になりますよ!100均に既製品もありますし、ひもを購入してマスキングテープで工夫しちゃうのも良いでしょう。

2.ドライフラワー

pixta_3139956_S

ドライフラワーを天井から吊るす方法もあります。天井から吊るす式で飾るのは難易度高めですが、カントリー調の部屋にしたいという方にはとてもおすすめ。

3.おしゃれ電球

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あとは電気を吊るす形にするタイプの電球がおすすめです。垂れるスタイルの電気はそれだけでおしゃれ感がぐっとアップしますし、おしゃれランプはこんな活用法もあるんですよ。

やり方は下記の記事をチェックすれば、誰でもできそうです。

普通の電気にツタをまいたら劇的おしゃれ!癒しの木漏れ日を手に入れよう

2016.03.04

4.モビール

pixta_2975905_S (1)

「モビール」って知ってますか? 天井から吊るすタイプの飾りの代表格が「モビール」です。

天井から吊るす、天秤のような形をしたインテリアです。もともとは芸術品として消費されることが多かったこともあり、見た目の華やかさは抜群。こちらも安価に購入できるのでとてもおすすめですよ。

5.植物

2016-04-27 18.42.54
参照:@j_makino
植物を吊るすのも上級者の技。生きてる植物を天井から吊るすことで、部屋に彩りが増します。窓に近い方向に吊るすことで植物の成長のためにも、インテリアにも役立つアイテムになります。

▼壁に吊るす

天井に吊るしたら、次は壁に吊るしましょう。こちらは筆者が実際に試した方法が多いのですが、何も買わずとも今すぐ始めることができる方法が幾つかあるので、試してみてください。

6.布

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

部屋の仕切り部分やレールに、布をかけるのもいいでしょう。特に、壁の一面に好きな柄の布をかけることで、部屋の雰囲気は大きく変わります。一気に部屋の空気を作れる点で、今回の中でも最もおすすめの方法です。

こちらのお部屋訪問でも、雰囲気が変わることがわかります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(こういうレール)

7.カバン

still life with suitcases

壁のレールには何をかけていますか? もちろん、フックをかけていろいろものをかけるのもおすすめなのですが、それ以上にシャツ、カバンをかけるのがおすすめです。

特に、置く場所に困るカバン、リュックは壁にかけるとインテリア感も増し、収納とおしゃれをいっぺんに解決に導いてくれるんです(私はおしゃれだと思っています)

8.調理器具

pans-419249_640

また、キッチンにはフックを付けて、調理器具を吊るしましょう。吊るし方がわからない方は、無印良品のカタログを見てみましょう。調理器具は全部吊るしてあります。冗談です。

百均で買うことができるフックで、調理器具を吊るしてみてください。重さには気をつけて。

9.ポストカード

ポストカードを「吊るす」方法もあります。マスキングテープなどでそのまま貼ってみてもいいですが、ポストカードに糸を付けて、壁から吊るしてみてください。少し揺れる雰囲気はとても魅力的ですよ!

10.絵

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に紹介するのは「絵」です。絵は吊るすというよりかけるものですが、壁に絵をかけるだけで部屋の雰囲気がかなり変わってアーティスト感がでます。
これもお家訪問記事でご紹介しましたが、絵を壁にかけることで空間の雰囲気がずいぶん違いますよね。

▼まとめ

いかがでしたか?

上記で紹介した吊るすインテリアシリーズは、部屋の空気を大きく変えられるという点に加えて、比較的安価で、しかも範囲が広いという「面積対費用(コスパ)」がいいアイテムなんです。

お金のない学生でもガラッと雰囲気を変えられる「吊るすインテリア」。ぜひ活用してくださいね!

この記事をシェア!