100均アイテムで照明をDIY!風船使った手作りランプシェードを作ってみた

半紙を使ったランプシェード

WIN_20160404_16_57_19_Pro

続いて、似た方法で、書道用の半紙を使って紙のランプシェードを作ります。

こちらの作業としては2ステップです!簡単!

作り方

ステップ1:半紙を適当なサイズにちぎる
ステップ:ボンド液をつけ、風船に貼り付ける

以上!

WIN_20160404_18_22_30_Pro

ここでも強度の問題を考慮し、厚さを考慮する必要がありますが、そこをのぞいたらごくごく単調な作業になります。
予想よりボンドがたくさん必要になるので、多めのボンド液を準備しましょう。

これもボンド液がよく乾くまで半日ほどしっかり乾燥させてください。

〜乾燥中〜
WIN_20160404_18_33_27_Pro

半日後・・・風船を取り出して完成!

乾燥できたらいよいよ仕上げです。風船を割って取り出しましょう!

かなりドキドキの瞬間です…

WIN_20160404_23_33_24_Pro
プシューーーーーー。風船がしぼんでいく感じがなんとも言えない快感です。
これは作ってみた人にしかわからない・・・!

WIN_20160404_23_34_43_Pro
面白いように風船が取り出せました!

写真は撮りませんでしたが、半紙のほうも同じ容量で風船を取り出します。

型が出来たら、上の穴にヒモを取り付け、電球に吊るしていきましょう!

ここで注意したいのが電球の位置。
燃えやすい素材を利用しているため、ランプシェードと電球の位置が近くなると発火する可能性があり大変危険です
十分な距離を確保し、発熱の少ないLED電球を利用してください。

完成

麻ヒモのランプシェード
IMG_1873-2
麻ヒモのランプシェードは狙った通りのエスニックテイストに仕上がりました。

部屋がいい感じにくらい感じになり間接照明のようになりました。隙間から漏れた光が天井に不思議な模様を描き出し、これがなんとも言えずとても綺麗…!

半紙のランプシェード
IMG_1882
半紙のランプシェードはほんのり和風の雰囲気です。
半紙の厚さがまちまちなので、それが影響して光に濃淡が出ます。ちょっとミラーボールっぽいです。
IMG_1879-2
絵の具を使って色付きのボンド液を作ればカラフルなアレンジランプシェードが作れるので、よりミラーボールに近づけても楽しいと思います。

どちらもシンプルな素材で作っていますが、クセがあって独特の存在感です。

まとめ

かなり簡単なDIYではありましたが、手間をかけただけあって愛着はたっぷり沸きました。
しばらくこの2つを気分に合わせてローテーションして暮らしていこうと思います。

またこの絶妙な雰囲気は友達を呼んだときに目を惹くこと間違いナシ。話のネタにすることで家具としてだけでなく盛り上げ役としても活躍します。
皆さんも手作り照明で、居心地のいい部屋を作ってみましょう!

こちらの記事もおすすめ!

100均インテリアでも十分!週末使って一人暮らしの部屋をオシャレにしよう!

2016.02.24

冬の乾燥を撃退!コーヒーフィルターで手作り加湿器を作って、効果を検証してみた

2017.01.21

この記事をシェア!