一人暮らしのホームシック解消!写真をお洒落に飾るかんたんテク

pixta_2697463_M

新しい季節、はじまった新生活。一人暮らしをスタートするあなたは不安と期待でワクワクしていることと思います。

ただ、一人暮らしもしばらくすると突然、「地元が恋しい!」と思ってしまうもの。これはホームシックと呼ばれるもので、誰しもが経験するようです。また、実家にペットを置いてきた方は、ホームシックならぬ「ペットシック」になってしまうかも。

そうした寂しさを紛らわすために、家族やペットの写真を部屋に飾るのはどうでしょうか? 今回は単なる写真フレームにプラスワンアイデアで、毎日が楽しくなる写真の飾り方をまとめました。

縦や横につなげて飾ろう!

pixta_2697463_M

紐を使ったり、クリップを使ったりすれば、実はいろいろな飾り方ができます。友達が来たときに思わずほめられちゃうようなおしゃれな飾り方がおすすめ! 

例えば、ながーい紐を部屋の角から角までゆるめに張って、そこに写真を留めていきます。写真も現像したままではなく、「▽(逆三角形)」や「U字型」などにそろえて切るとかわいさアップ。

走っている様子を連写して、ぱらぱら漫画みたいに連続で飾ったり、間にカラフルなストライプや水玉のフラッグを入れても可愛くなります!

縦の場合は、穴あけパンチと太めの紐で繋げていくのもおすすめ。赤ちゃんのときからの成長をつなげてみてもいいかも。自分だけの工夫で、楽しい部屋にできるはず!

部屋のどこにどう貼ろう?

pixta_13298596_M
部屋の中のどこに飾るかも、工夫し放題。

フックがかけられるところ、紐を結んだりつけたりできるところ、テープが貼れるところ…などなど、部屋を見渡せばいたるところに飾れます。タイルやガラスは粘着しやすく貼りやすいので、台所や窓もおすすめ。

「あまり強く貼りつくと後で取れなくなっちゃうかも…」と心配な場所には、マスキングテープがぴったり。たくさんの柄が売られているので、自分の好みのもので留めれば、毎日気分が上がること間違いなしです。

pixta_17194435_M
ひっかけられる場所はないけど、たくさん写真は飾りたい、という場合は、コルクボードを棚や机の上に立て掛けるのも、自分だけのお気に入りスペースになるかも。もっと大きく場所を作りたい場合は、突っ張り棒と板でスペースごと作ることもできます。

2本の突っ張り棒で天井と床や机の間をつないだら、そこに板を貼ります。コルクボード以外にも、網の板を使うと、色々なものをつるせて、便利なスペースにできます。

ほとんどのグッズは100円ショップや文房具店、ギフトショップでそろうので、自分のお気に入りのものを見つけに、街に出てみるのも楽しいかも。

グッズを作っちゃうと、より本格的に!

オリジナルグッズも簡単に作れちゃうんです!

おすすめは、カレンダー。好きな写真を選んで送ると素敵なカレンダーにしてもらえるサービスもあります。月が替わるたび違う写真が見られると、飽きることなく、毎月わくわくできるはず。これまでの四季の思い出もよみがえります。

選んでいる瞬間も幸せな気分を味わえる、自分だけの特別なグッズ。いくつかまとめて印刷すれば、家族にもおすそわけできます。

カレンダーのほかには、透明フィルムへの印刷もおすすめ。保存用のガラス瓶や、ペン立てなどに貼れば、幸せな瞬間が増えるはず! ぜひ、色々試してみてください。

この記事をシェア!