ダイソーニトリも大活用!あるもので作るウォールツリー[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.50]




こんにちは、ブロガーの夏目です。

前回は、小さなクリスマスツリーを作りました。

今回は、今からでも間に合う!
ナチュラルウォールツリーを作ってみたいと思います。

ツリー部分の材料はひとつ

ずばり枝です。

今は雑貨屋さんや、お花屋さんで枝だけ買えたりしますよね。
もし買えるタイミングがあったら、ぜひ枝を使ってください。

手に入りにくい場合は、木の丸棒(丸い棒)を使ってもシンプルな雰囲気になっておすすめですよ。

作り方

枝は、大きさや長さのバランスを床に並べて、しっかりみます。

短い枝をつなげるようのグルーガン。
枝をつなげるのは、ちょっと太めのテグスです。今回は6号。

2本の枝をグルーガンで接着。
このあとテグスで吊るすので、しっかりめに接着します。

テグスが見えずらいかもしれませんが、両端に1本ずつ繋げています。
今回はあまりつなげているのを見せたくなかったのでテグスにしましたが、麻紐などでたくさんつなげても
かわいいですね。

最後2本は、壁にかけながらバランスをみて結んでいった方が傾かずきれいにつなげられました。

てっぺんは、やっぱり星がかわいいですね。
セリアの星型オーナメントを飾りました。

枝は、今回は大きめの画鋲でひっかけて固定しています。

もし穴をあけずらいときは、壁美人、というホッチキスでとめるフックなどを使用するようにしてください。
耐荷重もしっかりあり、はずしたあとの穴がとっても目立ちにくいです。

ただし、小さな穴は残る可能性があるため、大家さんや管理会社に確認するようにしましょう。

オーナメントは、大容量でお安いニトリとダイソーのものを使っています。
柄が少しずつ違うので、集めておくといろんな表情がでてかわいいです。

今回はテグスでつなげていて、真ん中あたりにはオーナメントをひっかけられないので、グルーガンで接着しました。
ちなみに引っ張ってみたらきれいにとれたので、あとで外せると思います。
(接着の状況などによりますので、この限りではありません)

完成

オーナメントだけでもこんなにかわいいものができました!
色は、カラフルでも絶対かわいいですよ。

ワイヤー入りのフェイクグリーンを巻いて、ジュエリーライトを飾ってみました。
バスケットも置いて、幹部分を表現。
明るいときでもナチュラルで大人っぽいツリーです。

ジュエリーライトは短いものなら100円ショップでも売っています。
今回使ったのは、楽天で見つけた700円くらいのもの。
光の色もゴールドの他シルバーやカラフルなんかもありますよ。

少し日が落ちると、ライトがほんのり光ってとてもおしゃれになります。

ツリーと組み合わせてキャンドルたてを使ってもかわいいですね。
プレゼントをイメージする箱や、松ぼっくりなども一緒に飾って
クリスマスコーナーを作ってもかなりテンション上がりますね!
(火の取り扱いには注意してください)

まとめ

ひとり暮らしだとツリーをしまう場所もないし、そもそも出すのも大変。
でも壁に飾るなら、できるかも?
クリスマスが終わったら、枝だけ冬のディスプレイに使ったり再利用もできますよ。

キャンドル立て、次回ご紹介します!
冬の間楽しめるアイテムなので楽しみにしていてくださいね。

枝とプチプラオーナメントで作るウォールツリー
是非試してみてくださいね!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し