発想の転換でクリスマスディスプレイアイテムを作ろう[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.51]




こんにちは、ブロガーの夏目です。

もう12月!もうすぐクリスマスですね。
一人暮らしでも、おうちの中にクリスマスの雰囲気を作って楽しみたいですね。

今日は100円ショップのあるものを使って、飾れて、実用的で
クリスマスのテーブルにも役に立つアイテムを作りましょう!

かわいくも、エレガントにも、ナチュラルにも変身するすぐれものですよ。

材料

使うのは、ワイングラス!
こちらはフルートグラスというちょっと小ぶりのタイプ。

いろんな形があるので、お好きな形や大きさを選ぶとよいと思います。

脚の部分が細長いとスタイリッシュな印象に、低いタイプのものはかわいく仕上がるかなと思います。

グラス部分を作る

まずはグラスをペイントします。

本来、ガラスをペイントする際は下地材が必要です。
ガラスと密着せず、使ってるうちに削れてしまうからです。
ただ、今回のアイテムは、あまり触らないものですし、削れることが少ないので下地剤もなしで塗装します。

使うのは、ダストメディウムという、ほこりをかぶったようなアンティークな風合いになる塗料。
つや消しで、ざらざらした質感になるよう粉が入っています。

もし手に入りにくいときにはアクリル絵の具にセメントや石膏を混ぜても代用できます。

いつものように、スポンジでポンポンたたきながら塗料をのせていきます。

今回下地材を塗っていないので、はじめははじくかもしれません。
けれども、2~3回重ねて塗るととてもきれいに塗れると思うのでやってみてくださいね。

こちらで2度しっかり塗ったグラスです。
底からグラス部分の半分くらいまで、ラフに塗りましょう。

グラスへの加工はたったこれだけです!

デコレーション部分を作る

厚紙とグルーガンを使います。
デコレーショングッズには、クリスマスに合わせて綿、ドライフラワーなどを用意します。

厚紙をグラスの飲み口のサイズに合わせてカットします。

その厚紙にグルーガンを出したら、綿をのせ、その次にドライフラワーや、実、松ぼっくりなどを置いてみます。

うまく乗りそうなら、グルーガンでとめます。

グラスを逆さにかぶせたら、これで完成です。
あっという間に完成しました。
厚紙とグラスを安定させたいときは、グルーガンで接着してもよいと思います。

完成

ツリーの脇にキャンドルを載せて飾ってみました!
アンティークな雰囲気にもとてもあいます。

松ぼっくりをそのまま入れても、アンティークな雑貨や大ぶりのお花を入れてもかわいいですね。
厚紙をグルーガンできっちりとめられたら、スノードームとしても使えます。

まとめ

今回はすべて同じグラスで作りましたが、違うグラスを互い違いに並べて飾ってもすっごくかわいいと思いますし、大ぶりなグラスをひとつ、お気に入りのキャンドルをのせて使ってみても素敵ですね。

いろいろアレンジがきく簡単アイディアなので、ぜひ試してみてくださいね!

収納/DIY アイディアを綴らせていただいています。
なつめの手仕事日記
blog http://natsumekan.blog.jp/
Instaglam @natsume777
FACEBOOK なつめの手仕事日記






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し