100均でできる!持ち運びできるメイクボックス[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.42]




こんにちは! ブロガーの夏目です。

ひとり暮らしのワンルーム、メイクってどこでしていますか?
洗面室って方もいそうだけど、ワンルームだと狭いですよね。かといって、お部屋にドレッサーを置く余裕もない。

きっと、ごはんを食べたるするテーブルでメイクをしていること多いのでは?

そんなときに役立つのは、持ち運びできて、インテリアになじむメイクボックス!

もちろんシンプルなプラスティックの箱や洗いやすいナイロンのものでもよいかもしれない。でもお気に入りのメイク道具、せっかくならかわいい箱に入れたい!

ということで、今回は100均アイテムでナチュラルなメイクボックスを作ってみようと思います。

材料

セリアの木箱Mサイズを4つ
蝶番、蓋をとめる金物

取っ手はお好みのもので。
画像は参考のもの。
今回はちょっと変わった仕組みで作ります。

後半ご覧ください!

本体を作ります

木箱はサイズや色の違いがありますので購入する際に気をつけてください。

揃えたいときは、同じ店舗でなるべく一緒に購入すること。色は違くてもそれが味になりますが、サイズが違うのは作りにくいので気をつけてくださいね。

木箱は2つだけ底板を抜きます。よく見ると薄い底板が貼ってあるだけなので、そこにカッターを入れて外していきます。

怪我には十分気をつけてくださいね。底板をはずすと、バリがあったり、カスが残っていたりするのでカッターでこそげ落とすなどしてなるべく平らになるようにしてください。

底のある箱に底を抜いた箱を2つ重ねて、深い箱を作ります。
ボンドでとめてください。

蓋をとめる

もう一つの底のある箱は、蓋になります。

蝶番で本体とつなげましょう。
キリで穴をあけて、小さいネジでとめます。
セリアの木箱は軟らかいので、力はそんなにいりません。

ダイソーさんの留め金具はシンプルで使いやすいです。
留め金具はお好みのものを使ってくださいね。

ここで材料の画像に出てきた取っ手を使う場合は蓋にとめて、完成です。
それでもシンプルでよいですよ!

取っ手をつくる

今回はちょっと仕組みを。取っ手は革にしてみました。

皮をそのままネジなどで留めてもいいのですが、今回はセリアさんにも売っている金具付きの革取っ手を使います。

取っ手をひっかけるのに、小さなL字金具(セリア)を本体箱のサイドに取り付けます。
留め金具の上には、小さなフックをつけました。(これはなくても大丈夫です)

革取っ手は2本使います。中央に付属しているDカンをつなげて、革取っ手+Dカン+革取っ手の状態にしました。

L字金具に取っ手を繋げたら、完成です。

正面留め金具の上にフックを取り付けたのは、革取っ手をひっかけるためです。
ここにひっかけることによって、蓋が固定されて後ろに倒れなくなります。

これで完成です。

収納は、セリアの4ますボックスや、透明のケースなどを利用して下さいね。

3マスボックス2つでも大丈夫です。
お持ちのコスメに合わせて選んでみてください。

完成

蓋が固定されて倒れないメイクボックス完成しました!

蓋部分に鏡を置いてもいいかもしれないですね。小さいタイプなら、蓋に置いて使えます。お持ちのモノを貼り付けても便利です!

我が家のナチュラルでアンティークが多いインテリアにもぴったりなじみました!
メイク道具の収納がずっと悩みだったのですが、解消されてとてもうれしいです。

メイクは毎日するものなので、よく使うものはすぐ手が届いてすべてが見渡せるとよいですよね。

洗面室ではスキンケアのみ、メイクは明るいところでコーヒーでも飲みながらゆっくりしてみてください。

次回は飾れるネイルボックスを作りたいと思います^^

収納/DIY アイディアを綴らせていただいています。
なつめの手仕事日記
blog http://natsumekan.blog.jp/
Instaglam @natsume777
FACEBOOK なつめの手仕事日記






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し