ハンガー収納で楽チン!押入れをクローゼット使いに【おしゃれに見える楽チン収納術vol.10】




こんにちは。あれやわ、あれ…て、言いながら、何を言いたかったか忘れるお年頃のyukoです。(←病院行った方がいいレベル)

今回は、またまた団地丸出しの古い押入れを、無理矢理クローゼット風に使う方法をご紹介します。「あんたとこ、賃貸ちゃうからできるんやん」て思うかも知れないですが、私は賃貸じゃない時から押入れはこの使い方なんで、大丈夫です!!では、行ってみよ~~~!!

その1.押入れの扉は外す!!

これ、我が家の寝室の押し入れです。押入れ感はぬぐえませんが…使いやすいです。

まず、押入れの扉は外しましょう!賃貸の場合は捨てれないので、押入れの奥にしまいましょう。私は枠を解体し、持っていた姿見と合体し、移動する鏡にリメイクしました。(←やりたい放題。わんぱく盛り笑)

その2.壁や床にリメイクシートを貼る

いや、これは強制ではないんです。でも、扉を取っ払うから壁や床まで丸見えなんですよね…。だから、100均とかのリメイクシートを貼って、ショップみたいに仕上げたらオシャレやん?(DIYなんて自己満足←名言出た)

私は、奥の壁は紺色のペンキを塗り、壁に壁紙、床にクッションフロア貼ってアレンジしてます。

その3.ハンガーを揃える

私が使っているのは、コストコの『ノンスリップハンガー50本入り』です。(←ズボン用は100均やで)
このハンガーを、アルミなど外でも使える物に変えれば、外で干してそのままダイレクトに引っ掛け収納できるや~~ん!!!

まぁそうでなくても、ハンガーを揃えるだけで見た目がすっきりするし、掛けられる量も増えます。(誰?掛ってる服がダサいんちゃうか?とか言うた人。笑。)

ちなみに我が家では、奥と手前でパイプを2つ設置しているので、春夏と秋冬で前後の服を入れ替えます。どこまでも楽したい派。

その4.小物はニトリのソフトボックスに

壁に棚を付け、ニトリのソフトボックスを置き、中に小物を入れました。中身が分かるようにタグをぶら下げましたが、すっかり中身は入れ替わっている場合もあります。が、指でびゅっと引っ張り下げると中身が見られる、私にピッタリの横着収納。(←中身整理しとけ!!てか、ニトリ開発部に謝れ!)

下の引き出しは、無印良品のポリプレ・・ポリプリ・・・ポリ・・・。有名なやつです。諦め~~~た!!笑。(←『ポリプロピレンケース』でした。Lab編集部調べ)

押入れ専用のラックはホームセンターなどで売っていますので、ぜひ、クローゼット使いに活用してみてください。

まとめ

いかがでしたか?古い家なら、クローゼットではなく、押入れしかない場合もありますが、ハンガー収納にすると、収納も楽チンで、見た目もカッコ良くなります…よね?(←相変わらず自信ない。笑)

さて、次回は、安くて万能!!我が家のカラーボックス活用法をご紹介したいと思います。お楽しみに~♪






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し