簡単に出来る!かっこよくてオシャレなトイレ空間【目指せ!ブルックリンスタイルのお部屋vol.10】




こんにちは!ブルックリンスタイルの男前インテリアに憧れ、リメイクやDIYにハマっているyukaです。

今回はトイレのDIY術をご紹介します。トイレは空間的にも狭いので、手軽にDIYやインテリアを楽しんでいらっしゃる方も多いのではないかと思います。私も好きなインテリアが変わる度、我が家のトイレを真っ先にチェンジしています!

今回は100均のアイテムや壁紙を使って、ブルックリンスタイルのこだわりの空間を作ってみました!

ワイヤーラティスを使ったディスプレイ

最初に使うのはこれ!100均で売っている「ワイヤーラティス」。サイズやカラーも豊富で、今回使う黒色のワイヤーラティスはフライングタイガーで100円で手に入れました。セリアでも購入できますよ。

まずは壁にセリアの「スチールフック」を取り付けます。ネジではなく押しピンで簡単に取り付けられます。これにフックにワイヤーラティスを引っ掛けるだけ!

このようにワイヤーラティスにフェイクグリーンを引っ掛けたり、100均で売ってる「ピンチ」を使って布を挟んだり、ディスプレイしたいものを自由に引っ掛けてみてください。

何もない壁にラティスを使うことで、穴も最小限に抑えられ、ディスプレイを存分に楽しめますよ。

腰板風リメイクシートでオシャレな壁に

次は、壁紙やリメイクシートを使った腰板風の壁の作り方です。

腰板って壁の下部のみに板を付けるものですが、我が家は賃貸ですし、板を付けるのはちょっと気が引けるんです、、でも見た目もオシャレで印象も変わるので腰板をインテリアに取り入れたい!というわけで、我が家は木目のリメイクシートや壁紙を使ってなんちゃって腰板風の壁を作っています。

トイレに使ったのはホームセンターで売られていた木目の壁紙です。木目ならなんでも良いです!100均でもアンティークな木目のリメイクシートがたくさん出ていますので、その中から自分好みの木目を探してみてください。

リメイクシートならシールになっているのでそのまま貼ればOK。壁紙の場合は両面テープを付けて貼っていきます。大体下から90cmぐらいのところまで木目が縦になるよう壁紙を貼っていきます。

そして横のラインに使うのがこれ!ダイソーの「木目調補修テープ」。100均にはさまざまなラインテープがあり、過去に私も色々試しましたが、茶色い木目に合うのはこれ!!と我が家の腰板には欠かせません(笑)このテープを壁紙の上の部分に貼ります。

これで腰板風のできあがり!

我が家はバリアフリーの構造のため、手すりも備え付けで付けられています。賃貸で外すこともできないので、このように黒のマスキングテープをぐるぐる巻いて、その上に板を置いてパイプ棚風にアレンジしています。

突っ張り棒でできる簡易棚

最後に、100均の突っ張り棒を使ってタンクの上に簡易棚を作ります。まず、このように突っ張り棒を3本い入れます。

厚紙(ダイソーで売られている薄い発泡スチロールのようなもの)に、先ほど腰板に使って余った壁紙を貼ったものを突っ張り棒に乗せるだけ!

こんな感じでトイレットペーパーを置いたり、ディスプレイを楽しんだりしています。板とは違い厚紙なので、重量的にも突っ張り棒だけで問題ありません。簡単に棚を作ることができ、インテリア兼タンクの目隠しにもなるので一石二鳥!

かっこよくてオシャレなトイレ空間の完成!

トイレを自分好みの居心地の良い空間にDIYできました♪みなさんもぜひ『トイレDIY』を楽しんでみてくださいね(*^^*)






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し