狭い玄関でも大丈夫!壁面をフル活用しておしゃれな玄関に【おしゃれに見える楽チン収納術vol.8】

こんにちは。今年、スギ花粉症デビューを果たしたyukoです。

今回は、団地丸出しの狭い玄関の収納をご紹介したいと思います。この際やから、測ってみるわ。。。幅145センチ。奥行平均110センチ。下駄箱があるから、実質は幅105センチでした。え・・・・!!!ドラえもん入られへんや~~~ん!!!(ちゃうちゃう、胴回りが129.3センチなだけ)

・・・・・・・では、行ってみよ~~~!!

その1.壁際にベンチを置く

こちらが我が家の玄関。上から撮りました。狭っっ!!この狭い玄関に、ベンチ(右端の板)があります。これは、ホームセンターで買ってきた板に、塗装して足場板風にしたものです。

余計に狭くなるやん!と思うでしょ?でもね、子どもの出しっぱなしの靴をこの下に突っ込んだら・・・。散らかってない風。笑 膝より下の空間にあるベンチは、視界を圧迫しません。なので、狭くはならず、むしろベンチの上にスペースが生まれ、有効な空間になっているんです。クワガタ虫の体長を測ったり(旦那さんの趣味。私は虫嫌い。泣)。

その2.壁をフル活用

うちは賃貸ではないので、壁に直接取り付けています。無印良品やベルメゾンでは、壁をあまり傷つけずに取り付けられる商品もありますよ。箱を選ぶ時は、奥行の浅い物を選びましょう。

箱って、棚2段分なんですよね。箱の上も棚になる。私はワイン箱がお気に入りで、家中の色んな場所で使っています。

一番右の箱には、鍵・ペン・印鑑を置いています。鍵は玄関に置くようになってから、「あ、鍵忘れた・・」と、靴を脱いで取りに行くことがなくなって快適です。ペンと印鑑も、荷物を受け取る時に便利です。

その下には黒板塗料を塗った板を設置。これは、普段子どもへの連絡に使ったり、緊急災害時にメッセージボードとして使いたいと思っています。すぐ下にある先ほど紹介したベンチの上には、避難用リュックも置いてあり、子どもたちにもそれを伝えてあります。ひとり暮らしでも、家事や仕事で必要なことなどを忘れないようにメモ書きする「to doリスト」として役立つと思いますよ。

左の上の棚は、犬のお散歩グッズ。下の段は、小学一年生の娘の鍵や児童館の入館証が置いてあります。子どもでも届く位置。目的ごとに箱を使い分けるのもおすすめです。

その3.奥行の浅い収納家具を選ぶ

このワイン箱も奥行はあまりありませんが、さらに薄っぺらいのが、奥にあるフラップ式のシューズラックです(え?冷蔵庫かと思った?笑)。

これは、IKEAのもので、この薄さでも収納力は抜群です。お客様用のスリッパ、さっと玄関に出られるひっかけサンダル、夏のビーチサンダルなどを収納してあります。

その4.傘は隙間に引っ掛け収納

傘は、下駄箱と壁の隙間にセリアのアイアンバーを取りつけて、そこに引っ掛けています。家族の人数よりも傘がやたら多い我が家(収納語る前に断捨離せーよ。すんません。笑)。ちなみに、折りたたみ傘は、さっきのワイン箱の横に麻糸で編んだバッグに収納してあります。

濡れた傘は外で干してからここに引っ掛けます。収納が少ないので、扉の中とかに入らないんですが、通気性が良いのでこの方がいいんじゃないかと今は思っています。

その5.床を変えてみる

元々の玄関の床は、御影石風?のよくあるものでした。その上に、剥がせる両面テープでクッションフロアを貼りました。床を変えるだけでグン!とおしゃれになりますでしょ?お好みのクッションフロアを見つけて貼ってみてください。玄関開けたら2分でおしゃれな床(2分でご飯やろ←サトウのごはん)。

玄関は狭くてもカッコよくアレンジできる

いかがでしたか?玄関は、お客さんが最初に目にする場所。狭くてもカッコよかったら、一目置かれること間違いなし!そして、いかに使いやすく、コンパクトに収納するかも大切ですね。

さて、次回は、空き容器や、空き缶を使ったおしゃれな収納方法をご紹介したいと思います。あれをそれに?え!?そんな使い方も?(あ・・・ハードル上げすぎた)簡単且つ節約できる収納グッズ。お楽しみに~。

この記事をシェア!

記事下誘導枠