一人暮らしの部屋に観葉植物を置いて幸せを呼び寄せよう!




一人暮らしに慣れたころ、気になってくるのが部屋の雰囲気。「なんか部屋が殺伐としていてさみしい」「部屋をもっとおしゃれにしたい」と考えている人もいるはず。

「新たに家具を買うにはお金がかかるし、DIYするのは面倒だし」とお悩みの方におすすめなのが観葉植物。ただの植物とあなどるなかれ。観葉植物には精神的に癒しを与えてくれるだけでなく、風水的にもいい効果をもたらしてくれるんです! 今回はいいことづくしの観葉植物をまとめました。

一人暮らしに最適な植物は?


当たり前ですが観葉植物は生き物。適度な水やりも必要ですし、日光に当ててあげるなど、枯れないようにしなければいけません。でも一人暮らしだと、自分のことで手一杯でなかなか植物にまで世話が行き届かないなんてことも。そこでだれでも簡単に部屋の中で育てられる植物をピックアップしました。

・ポトス

観葉植物植物といえばポトスを思い浮かべる人も多いはず。ポトスは日陰でもよく育ち手がかかりません。加えてうれしいことに種類が豊富で、葉っぱがハートの形をしているものまであり、きっとお気に入りが見つかるはずです。

・エアープランツ

部屋のインテリアとしても人気なのが、エアープランツです。空気の中にある水を吸収し育つのが特徴で、霧吹きを利用し数日から一週間に1度ほどの水やりでよいのがとても魅力的です。透明なガラスケースにいれて天井からつるせば、おしゃれ度がアップした部屋になりますよ!

・カネノナルキ(多肉植物)

多肉植物のカネノナルキは、寒さや乾燥にも強く丈夫で育てやすい植物です。このカネノナルキには、『幸運を招く』『富』『一攫千金』という花言葉があり、置くだけでなんだか幸せになれそうです。風水的には、金運がアップするんだとか……。ぜひ部屋の中に置きたいですね。

初めは大きい観葉植物には手を出さず、部屋の中における観葉植物からチャレンジし、慣れてきたところでベランダサイズのものを育てるのがよいでしょう。ただし大家さんや管理会社の意向によっては、ベランダに観葉植物を置くことを禁止しているところがあるので確認をしてから育てるようにしてください。

工夫次第でインスタ映え抜群! 風水的にもGood!

部屋に置く観葉植物は、忙しい現代人の心を癒してくれるだけではなく、インスタ映え抜群です。おしゃれな鉢植えに観葉植物を植えれば、部屋のインテリアにも。観葉植物をカラフルなジェルボールで育てたり、レトロなカップに植物を移し替えたりするなど、工夫次第でよりおしゃれに見せることができます。最近では植物用鉢植えや植物用のジェルボールが100円ショップや雑貨店で購入できますので是非探してみてくださいね。

また、観葉植物は、風水的にも非常に良い影響をもたらしてくれるのだとか。例えば、風水的にあまりよくない鬼門の方向に観葉植物を置くことで「気」の流れをよくしてくれるそう。最近ついていないなと思ったら、部屋の掃除のついでに観葉植物を置いてみましょう。

植物を枯らさないためのコツ

観葉植物を育てたいけれど枯れてしまいそう……と悩む人も多いはず。そこで植物を枯らさないコツをご紹介します。

・育てる観葉植物の特徴をつかむ

日当たりがよい場所を好むもの、日陰や室内でも成長するもの、寒さに強いものや弱いものなど一口に観葉植物といってもその特徴はさまざまです。自分が部屋に置きたい植物がどんな環境を好むのか知ることが大切です。できれば購入前に特徴をつかんでライフスタイルに合わせた育てやすいものを選ぶといいでしょう。

・水やりは適度な量を

植物の水やりは土や葉っぱの状況を見極めながら適度な量をあげるようにしてください。水の量が多すぎると根腐れし、少なすぎると枯れてしまうので注意が必要です。種類にもよりますが、鉢植えの場合基本的に土が乾いてきたら水をあげるようにしてください。

また水やりはできれば同じ時間に水やりをするとよいでしょう。例えば朝目覚めたら、コーヒーを飲みながら植物に水をあげるのを習慣にするなど工夫を。水やりも簡単にできるように霧吹きを使用するのも良いでしょう。

・日当たりと風通しも意識して

観葉植物は水だけをあげれば育つというものではありません。日光や風に当てないとうまく成長しないことも。毎日は無理でも、休日の昼間に日当たりのいいベランダに数時間出してあげるようにしましょう。ただし、植物によっては直射日光を嫌うものもありますので臨機応変な対応を。また、部屋に仕舞い忘れて一晩外に放置とならぬように注意してくださいね。

・水やりの頻度の少ない植物をそだてる

どうしても水やりが続かなそう……という人には、サボテンや球根の水耕栽培も良いでしょう。サボテンは水やりの頻度が高くないので、室内の温度にさえ気を付けていればかわいい花を咲かせてくれます!

また、球根の水耕栽培もおススメです。水耕栽培とはヒヤシンスなどの球根を水の入った入れ物で育てるものです。球根から根っこが出てくるのを観察することができます。水耕栽培を始めるには適切な時期がありますが、面倒な水やりが必要ないので、ものぐさな方でも手軽にできます。

案外手軽に始められ、部屋のアクセントにもなってくれる観葉植物。最近では小サイズなら100円ショップで購入できますので、チャレンジしてみてくださいね。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し